ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ヴィンテージが程よく溶け込んだ、必要十分なギアセレクト。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 今年の新作モデル、オガワのツインクレスタで作ったオールインワンスタイルのサイト。入り口部分を張り出し、日中はタープとして使う。スカート付きでオールシーズンに対応し、夜は締め切ってのおこもりスタイル。
  • ツインクレスタは3〜4人用、2人用と2種の別売りインナーがある。幅があるためテント左右のスペースも無駄なく使える設計で、コット横の壁に沿って縦置きできるほど。
  • リビングはイスとテーブルだけ置いたシンプルな構成。アマゾンで購入したムートンを敷くことで、座面の冷えをシャットアウトした冬仕様。
  • テントと同ブランドのオガワのコットは2つ並べ、ブランケットを敷いた寝床を作った。奥行きのある作りなので、テント端まで有効に使える。
  • サイト中央に置いたアラジンのストーブで寒さ対策。DODのゴミ箱はロールトップ状の天板が付き便利。汚れ防止のためオレゴニアんキャンパーのシートを敷くなど、クルマへの積み込みも配慮されたレイアウトだ。
  • こちらは室内に作ったキッチンスペース。天板が付いたキッチンラックはリバーオブリバーのもので、ここに調理用ギアや食器類をまとめている。隣のカートはコールマンのもの。
  • ayaさんの実家で長年使っていたというオガワのチェア。背もたれが高く、肘掛も付き座り心地も◎。何より、背面のレトロなプリントがお気に入りだそう。

OWNER:ayaさん、yusukeさん

オガワから今年発売されたシェルターを使いキャンプをしていた二人は、テント室内ですべてを完結させたオールインワンスタイル。余計な装飾はせず、必要なギアだけをシンプルにレイアウトしていた。

別売りインナーを付けるとテントとしても使用できるこのモデルは、壁を跳ね上げタープなしのセッティングもできる汎用性の高さが便利。スカートも付き、寒い時期も室内は快適だ。

サイトのあちこちに置かれたランタンは、バースデーランタンなどヴィンテージものが多め。さらに、使っているイスは親から譲り受けたオガワ製だが、どれも保管状態がよく年季を感じさせない。

一方で、調理用としてセンゴクアラジンのプレートを持ち込んでいたり、今話題のブランド、ノーボックスのLEDランタンをいち早く入手するなど、新旧入り交ざったアイテムセレクトが光る。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:オガワ/ツインクレスタ
  • テーブル:コールマン/ウッドロールトップ
  • チェア:オガワ
  • 焚き火台:ピコグリル/398
  • ランタン:バッド/NO.158
  • ランタン:ベアボーンズリビング/エジソンスリングライト
  • ランタン:カンブリアランタン
  • ランタン:ノーボックス/グローブライト
  • コット:オガワ/アルミGIベッド
  • ジャグ:ディーライト/アイスバケツ
  • バーナー:センゴクアラジン/プチパン
  • ストーブ:アラジン/ブルーフレーム

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout