ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ゼインアーツの大型シェルターで、ファミリーデイキャンプを満喫。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ゼインアーツのギギ2は、様々なスタイルが楽しめる万能シェルター。前後のドアパネルを羽上げれば、タープのような開放感が味わえる。本日はデイキャンプということで、インナーテントも必要なし。
  • シェルターのセンター部分に作られたリビングスペース。カーミットチェアの前に、キャンプマニアプロダクツの大小2つのテーブルを並べてセット。
  • チェアから手を伸ばせる場所に組まれたラックは、建築現場の足場板を使ったDIYアイテム。コールマンのヴィンテージランタンも置かれている。
  • ヴィンテージのバスケットや木箱も取り入れつつ、バッシュのランドリーカートをゴミ箱として活用。
  • 薪入れに活用しているのはリンゴ箱。キンドリングクラッカーとセットで愛用中。
  • 愛車は1997年製のランドクルーザー78 プラド。3インチほどリフトアップしている。カヌーも楽しむため、ノーブランドのリーフキャリアをカスタムして、カヌーが載せられるようにしている。
  • デイキャンプでも、少しは焚き火は楽しみたいということでソロストーブのコンパクトな焚き火台を用意。

OWNER:アメオさん、ひろみさん、しおんくん

山梨在住のアメオさんファミリーは、ふもとっぱらの常連キャンパー。夏よりも冬のほうがキャンプを楽しむことが多く、これからが本格的なシーズンだとか。

本日はデイキャンプということで、ゼインアーツの2ポールシェルター、ギギ2をタープのようなオープンスタイルで設置。ギアも最低限にまとめ、焚き火台もソロ用をセットしている。

「こだわったのは統一感です」という通り、ウッド系のファニチャーとヴィンテージのアイテムをバランスよく配置。ギリ2のコヨーテカラーとも絶妙にマッチしている。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • シェルター:ゼインアーツ/ギギ2
  • テーブル:キャンプマニアプロダクツ/インアウトドアリビングテーブル、コンパクトSTテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:ソロストーブ/キャンプファイヤー
  • クーラー:イエティ45L
  • ランタン:アドレイク/レールロードランタン、コールマン/1972年製のシアーズ別注
  • コット:ハングアウト/アペロウッドコットのオレンジ別注
  • ゴミ箱:バッシュ/ランドリーカート
  • グリル:ハイマウント、キューブ

その他のふもとっぱら@2020.10

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout