ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

富士山の絶景をストレートに満喫する、シンプルなサイト作り。(ふもとっぱら@2020.10)

  • テントの入り口もタープ内もリビングも、すべて富士山に向けて設置。ふもとっぱらを堪能するなら、このセッティングがベストかも?
  • テントとタープは完全に一体化させている。これなら雨が降っても安心。
  • コールマンのレイチェアにセットしているのはリアルファーのラグ。
  • 焚き火料理を楽しむためにダッチオーブンを用意。
  • ソトのスモークハウスは、コロナ禍の影響により、さりげなくヒットしているアイテム。
  • コールマンのスチールベルトクーラーは、タフなブラックカラーをセレクト。
  • ジャック&マリーの脚立トラックとDODのステルスエックスを並べてディスプレイ。かなり実用的なセッティング。

OWNER:ヨシダさん、ヨコタさん

キャンプ歴は10年のヨシダさんが最近購入したお気に入りのテントが、キャンバスキャンプのシブレー300。センターポールがないベル型なので、室内も広く使えるとか。そのテントを主役に、テンマクのタープを接続してリビングに。

「テントからもタープからも富士山が真正面に見えるように、富士山に向けて真っ直ぐに動線を伸ばした縦長のサイトを意識しました。ふもとっぱら仕様です」。

晴天のふもとっぱらといえば、やはり富士山の絶景。その姿を堪能できる日は、こうしたサイト作りを心掛ける人も多い。そん なリビングの中は、いたってシンプル。

「今日はダッチオーブンで焚火料理を楽しむため、ギアも必要最低限。キッチンスペースを省略しました。ノンビリと燻製料理も楽しむ予定です」。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:キャンバスキャンプ/シブレー300
  • タープ:テンマクタープ/ウイングタープTC
  • テーブル:コールマン/コンフォートマスター、DOD/テキーラテーブル
  • チェア:コールマン/レイチェア
  • クーラーボックス:コールマン/スチールベルト、チャムス/ブービースチールクーラーボックス
  • 焚き火台:ユニフレーム

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout