ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

すべてのギアをテント内の収納できるオールインワンスタイル。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 昼間はテントの周りを広く使って焚き火も満喫。このギアのほとんどがテント内に収納可能。
  • モンベルのマルチフィールディングテーブルは、テント内で使うのにも丁度いい大きさ。
  • 薪割りに用に、スウェーデン製のハスクバーナの斧も用意。
  • シェルコンはフリーダムの天板とセットで愛用中。こちらもテント内に収納可能。
  • スノーピークの焚き火台とセットで愛用しているのは、ロゴスの薪ラックテーブル。
  • テント内ではベアボーンズのLEDランタンが活躍。サイズ的にもこれくらいが丁度いいとか。
  • イエティのクーラーにはステッカーカスタムが。それらをまとめているフィールドラックは、オンレン別注カラーのモデル。
  • キャンプ用に購入したという愛車のジムニーもサイトの一部。ショウワガレージのルーフキャリアをセット。

OWNER:上野和彦さん

テンマクデザインのAフレームテント、ペポを愛用する上野さん。フロアレスのためハイコットを入れているが、それでもソロならかなりスペースの余裕がある。

「このテントの購入の決め手は、今持っているギアをすべて幕内に収納できるサイズ感。コットの横にテーブルや椅子を入れると、すごく収まりがいいんですよ」。

そのため昼間はタープを張らない青空リビングを満喫して、夕方になるとテント内にリビングを再構築。夜はテント内ですべて完結する、オールインワンスタイルでソロキャンプを楽しんでいた。

「今のキャンプスタイルはこれで完成しているので、次はもうちょっとミニマムなスタイルで野営キャンプ挑戦してみたいですね。そのために今は軍幕テントをリサーチしています」。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:テンマクデザイン/ペポ
  • テーブル:モンベル/フォールディングテーブル ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • クーラー:イエティ45L
  • 焚き火台:スノーピーク
  • ランタン:ベアボーンズ、ゴールゼロ、フェアーハンド
  • ラック:ユニフレーム/フィールドラック(オレンジ別注)
  • コンテナ:スノーピーク/シェルフコンテナ(フリーダムの天板とセットで愛用)
  • コット:オガワ/GIベッド 

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout