ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

大型シェルターとソロテントのカンガルースタイルで、広いフリースペースを確保。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ランドステーションはシンプルなカラーリングと、ワンマンテントのオレンジのコントラストが新鮮。遊び心のあるサイトに仕上がっている。
  • ランドステーションのなかでコンパクトながらも存在感を発揮するポーラーのワンマンテント。
  • テント前にリビングスペースを構築。イナウトのテーブルとボックスを組み合わせて、コンパクトながら料理も楽しめるスペースに。
  • 愛犬ダイズくんの専用スペースも用意。テーブルにはミニサイズのシェラカップも置かれている。
  • シンプルなサイトのアクセントになっているゴービーチのクーラーボックス。
  • パワーアークのポータブル電源にはステッカーカスタムも。乗せているラックは、イケアのシューズラックを応用したもの。
  • ユニフレームのツーバーナーも、ポーラーのステッカーでカスタム。

OWNER:井上章人さん、風美子さん

愛犬家の井上さん夫婦のサイトは、スノーピークのランドステーションの中にポーラーのワンマンテントを設置したカンガルースタイル。シェルター内は、かなり広さに余裕があるが、それには理由がある。

「シュルター内で、犬が自由に動き回れるフリースペースを確保したかったんです。そのために中に設置したテントも、あえてコンパクトなサイズにしました。おかげで喜んで走り回っています(笑)」。

そんなリビングの一角にはイナウトのテーブルとボックスをセット。卓上のソログリルを置いて、シェルター内で鉄板焼を楽しんでいた。

今後はソロキャンプにも挑戦したいとのことで、コンパクトなギアにも注目。今よりもさらにアイテムを厳選したシンプルなサイトを作ってみたいとか。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ポーラー/ワンマンテント
  • シュルター:スノーピーク/ランドステーションL 
  • テーブル:イナウト/クロステーブル、スタックボックス 
  • チェア:ステューシー×コールマン/フォールディングベンチ、イナウト×スペリオールレイバー/ジャストライトチェア 
  • クーラー:ゴービーチ 
  • 焚き火台:スノーピーク 
  • ランタン:ベアボーンズ/ビーコンライト 
  • グリル:キャプテンスタッグ/ソログリル

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout