ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

カーカムスのコットンテントは タープの過保護張りで雨も安心。(ふもとっぱら@2020.10)

  • カーカムスのキャンプサイト3を、雨風にTC素材のタープで覆ったカンガルースタイル。焚き火もできるタープなので、幕下で料理を楽しんだりストーブを設置することも可能。
  • カーカムスのキャンプサイト3。現在はブランド名をスプリングバーに変更されている。
  • ヘリノックスのチェアワンと一緒に、イエティの5ガロンバケットも椅子代わりに。その中央にはコールマンのナチュラルウッドテープル。
  • この日はイワタニのマーベラスで、すき焼きやアヒージョを楽しんでいた。
  • アルパカストーブの定番モデル、TS77Aを持参。ヴァルプロのジェリカンとセットで愛用中。
  • クーラーボックスは、サーモスのソフトクーラーをサイズ違いで愛用している。

OWNER:渡部佑樹さん、沙貴さん、大川怜志さん、香菜さん

コットン素材のカーカムスのキャンプサイト3を雨から守るために、テンマクデザインの焚き火タープTCレクタを過保護張り。

「テントを覆うと幕下のリビングスペースが狭くなるので、カーカムスのオーニング用ポールを使ってタープの跳ね上げ部分を広げました」と渡部さん。ポールの数を増やした、独自のカンガルースタイルを披露している。

コンパクトなリビングでも4人なら充分。タープの天井に高さがあるため見た目以上に居心地もよく、快適なキャンプを楽しんでいた。

今冬は愛車のFJクルーザーをもっと活用すべく、カーサイドリンビングテントの導入も検討中だとか。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:カーカムス/キャンプサイト3
  • タープ:テンマクデザイン/焚き火タープTCレクタ
  • テーブル:コールマン/ナチュラルウッドテーブル65、ユニフレーム/焚き火テーブル、クイックキャンプ/ローテーブル 
  • チェア:ヘリノックス/チェアワン
  • クーラー/サーモス
  • 焚き火台:ユニフレーム/ファイヤーグリル
  • ランタン:コールマン/ノーススター286A、ベアボーンズ

その他のふもとっぱら@2020.10

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout