ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ウッド系とアイアン系のギアをバランスよく配置してスマートに。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 本来はタープの下に設置するリビングだけど、天気が良かったため夕方まではタープの前に展開。テントは入り口を2箇所作り、タープ内と外からの両方からアクセスできる仕様になっているため通気性もバツグン。
  • ここまで灯が揺らぐLEDは珍しいとツタヤ家電で一目惚れした、イデアルのLEDランタン、フレームポット。
  • 予約待ちで1年かけて入手したというフジカハイペットの石油ストーブ。
  • 重厚感とナチュラルな雰囲気のバランスが丁度いいブラックデザインのキャンプファニチャー。
  • ロースタイルのリビングに合わせて、ユニフレームのフィールドラックを効果的に配置したキッチンスペース。
  • テンマクデザインのふらっと焚き火台には、アシモクラフツのカバーがジャストフィットする。そのためセットで愛用している人も多い。
  • 自作のスタンドに、デバイスワークスのタペストリーをセット。デバイスワークスのシェラカップやペトロマックスのフライパンもかけられている。
  • オレゴニアンキャンパーのボックスを薪入れとした活用。上には自作した綺麗なフェザースティックも置かれている。

OWNER:カズさん、ノリコさん、ソアくん、リコちゃん

テントとタープはテンマクデザインのソルムバージョン、テーブルや椅子はブラックデザインのウッド系ファニチャーで統一されたカズさんファミリーのサイト。

「こだわったのはウッド系とアイアン系のギアのバランス。あまりどちらかに偏りすぎないようにしました」と、無骨になり過ぎない空間作りがコンセプト。

なかでも最もお気に入りのギアは、イデアルのLEDランタンのフレームポット。目立つ位置に入りすることで、サイトのアクセントになっている。

さらにこの冬はテントを新調することも検討中とのことで、ブラックデザインの深みのある色合いのファニチャーにもっと馴染みそうなヘルスポートのシェルタードーム、バルホールを狙っているとか。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:テンマクデザイン/サーカスTC デラックス ソルムバージョン
  • タープ:テンマクデザイン/タキビタープコネクト ヘキサソルムバージョン
  • テーブル:ブラックデザイン/ハレテーブル、サニーサイド、アルデバラン/エッジスタンド
  • チェア:ブラックデザイン/ロッキンチェア
  • クーラー:イエティ45L 
  • 焚き火台:テンマクデザイン/フラット焚き火台(アシモクラフツのカバーをセット) 
  • ランタン:イデアル/フレームポット
  • ランタンスタンド/サンゾクマウンテン
  • ストーブ:フジカハイペット

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout