ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

クルマと直結!コンパクトでぬくい、あったかサイト。(ふもとっぱら@2020.10)

  • クルマと直結!コンパクトでぬくい、あったかサイト。(ふもとっぱら@2020.10)
  • ブラックデザインのチェアは取り外し可能なロッキンフット付きが便利。ネットで購入したムートンは、座面から伝わる冷気をシャットアウトしてくれるため、寒い時期の必須アイテム。
  • テーブルの端に取り付けたエッジスタンドと、ソルワークスのシェード、ソルオルを取り付けたゴールゼロのライトハウスマイクロ。
  • 両端にセットしたコットは、アマゾンで見つけた1万円程度のアイテム。コスパが良くデザインもシンプルなので重宝しているそう。
  • ユニフレームは中央のラックだけ1段上げ、ストーブの熱を避けている。ラックを重ねて使える仕組みだからこそ叶うレイアウトだが、このアイデアに脱帽。 
  • 室内の暖房はアルパカのストーブ。天板を調理に使えるため、テーブル脇にあると何かと便利。乾燥の気になる冬場はポットを置き加湿器がわりにも使える。
  • タープ下にキッチンを兼ねた焚き火スペースを作った。薪ラックはネットに上がっていた設計図を元に角材で自作したという「究極のワイヤーウッドスタンド」。
  • 香川発のガレージブランド「アイアンフィールドギア」のタキビーキャン。天板を使えば煮込みや湯沸かしが、室内を使えばピザ焼きやオーブン料理ができる優れモノ。
  • サバティカルの2020年の新作テント。2人用、5人用のインナーがつき、今回のようなシェルター使いも可能。

OWNER:Takeさん、Nagomiさん

あいにくの天気の中、愛車とタープ、そしてテントまでを連結させ雨の侵入を防いでいたカップルのサイトがこちら。設営・撤収時にクルマからギアを出し入れする際、とても便利なレイアウトだ。

この日はサバティカルの新作テント、ギリアがメイン。左右にそれぞれのコットを置き、中央にリビングスペースを作った小さいながらもオールインワンスタイル。暖かい空間の中で1日中過ごすことができる、寒い時期のサイトレイアウトで参考になりそう。

テント内には、キッチン・メインテーブルすべてを兼ねるブラックデザインのハレテーブルを中心としたリビングが。オプションのアイアン製プレートを付け、焼け痕が気になる火気類を配置。チェアも同ブランドで、取り外し可能なロッキンフット付きが便利。ネットで購入したムートンは、寒い時期の冷え対策に必須アイテムだとか。

タープ下には調理もできる薪ストーブを置き、キッチンを兼ねた焚き火スペースを作った。このストーブは香川発のガレージブランド「アイアンフィールドギア」のタキビーキャン。天板を使えば煮込みや湯沸かしが、室内を使えばピザ焼きやオーブン料理ができる優れモノだ。

SPEC

  • テント:サバティカル/ギリア
  • タープ:DDハンモック/DDタープ 4×4
  • テーブル:ブラックデザイン/ハレテーブル ワンフォー別注カラー
  • チェア:ブラックデザイン/武騎
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ、コールマン/ルミエール、ケリーランプ
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ35
  • コット:Hawk zing
  • ジャグ:スタンレー/ウォータージャグ
  • ストーブ:アルパカ
  • 薪ストーブ:アイアンフィールドギア/タキビーキャン

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout