ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ムラコのテントとタープで構築したソリッドなサイトはクルマも一体化。(ふもとっぱら@2020.10)

  • クルマ、タープ、リビング、テントを広く配置したサイト。それでもブラックがベースになっているため一体感がある。
  • クルマのルーフレールを活用したタープの張り方は、カーサイドリビングの好例。愛車は2001年製スバル トラヴィック。
  • ムラコのブラックリーク2Pをそれぞれソロで愛用。手前はブリーフィングとのコラボモデル。
  • マニュアルワークスの陣幕はこの日がデビュー。購入の決め手は、もちろんこのサイトに合うブラックカラー。
  • 吉祥寺のレザークラフトショップ「ショーン&メグ」でオーダーしているレザーアイテムたち。
  • タープの下にはハンギングチェーンを利用して、すぐに使うアイテムを見やすくディスプレイ。
  • タープ内にはヘリノックスのコットワン コバーチブルのウインターキットをセット。リラックススペースとして活用。
  • タープ内に2つ並べられたアルバートルのマルチギアコンテナ。1つはキッチン系、1つは寝具系のギアを収納している。
  • 薪も収納できるファイヤーサイドテーブルは天板がスチールのため、料理をするときにも活躍する。

OWNER:マモルさん、タツさん

ムラコのオールブラックのテントに一目惚れして、キャンプにハマったタツさんとマモルさん。

そのためサイト全体の雰囲気もムラコのテントやタープに合わせて、ソリッドなブラックカラーが中心。リビングの一角にセットされたマニュアルワークスの陣幕もマッチしている。

「なるべく道具を使うことを楽しめるキャンプをしたい」とタツさんが言う通り、テーブル周りやタープ下には様々なギアがディスプレイされているが、タープの張り方にも注目したい。

片方をポールではなく、クルマのルーフレールに繋げることで、クルマも一体化したサイトになっている。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ムラコ/ブラックリーク2P
  • タープ:ムラコ/オクタ4 
  • テーブル:キャンパーズコレクション/タフライトファイヤープレイステーブル、ユニフレーム/焚き火テーブル、ハングアウト/ファイヤーサイドテーブル
  • チェア:カーミットチェア 
  • 焚き火台:ピコグリル760
  • コンテナ:アルバートル/マルチギアコンテナ
  • コット:ヘリノックス/コットワン コバーチブル(ウインターキット)
  • ラック:マニュアルワークス
  • 陣幕:マニュアルワークス
  • ランタン:コールマン/286A (ショーン&メグのレザーケースをセット)

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout