ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

パップテントでミニマルなロースタイルソロキャンプを満喫。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 富士山を眺めながらパップテントでノンビリと自由に過ごす。ソロキャンパーなら誰もが憧れるスタイルを実践。
  • テント内は座椅子を中心にマットやテーブル(長板)を配置。1人暮らしのリビングを彷彿とさせる、手が届く場所に必要なモノを揃えたスタイルが快適そう。
  • テント内のグランドシートはバスタブ構造。防寒対策のためハイランダーのマットとローベンスのマットを2枚重ねて、その上にホークギアのシュラフをセット
  • ヒロシのキャンプブランドの鉄板、NO.164。本日でデビューということで、まだシーズニングを終えたばかりだとか。
  • ギアは最低限にまとめながらもポータブル電源もしっかり用意。しかしコンパクトサイズなのでかさばらない。
  • クーラーボックスはテント内で使っても、そこまで存在感を発揮しないソフトクーラー。ソロならこれでも充分。
  • フェアハンドランタンの無骨なイメージにマッチする、丸太のランタンスタンド。ロースタイルで手元を照らすなら、これくらいが丁度いいかも?

OWNER:KBNさん

念願だった新型デリカが先月に納車されたため、今年は冬キャンプを満喫したいというKBNさん。

キャンプ歴は3年ほどで、最初はファミリーキャンプを楽しんでいたいけど、今は無骨なソロキャンプにハマリ中。

そのため愛用しているテントは、テンマクデザインのパップテント、ダイエンマク。フロントを跳ね上げてリビングも一体化させているが、地面に防水マットを敷いて座椅子を持ち込んだ、ニミマルなロースタイルサイトを構築している。

なかでもポイントは、板を置いただけのテーブル。「今日はなるべくシンプルにしたかった」と、ラックやストーブも持ち込まず、大きなギアもコンテナとクーラーボックスくらい。いつでも横になれる快適なセッティングになっている。

真冬もこのパップテントで過ごすために、今は冬用シュラフの購入を検討しているとか。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:テンマクデザイン/ダイエンマク 
  • テーブル:ソト/フィールドホッパー、ホームセンターで購入した板
  • ラグ:オレゴニアキャンパー
  • チェア:カインズ/座椅子 
  • クーラー:AOクーラー24L
  • ランタン:フェアハンド
  • 焚き火台:ピコグリル368 
  • バッテリー:スアオキ/S270
  • マット:ハイランダーとローベンスのマットを重ねて使用
  • シュラフ:ホークギア

その他のふもとっぱら@2020.10

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout