ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

統一感のあるシンプルなサイトではD.I.Y.のアイテムも大活躍。(ふもとっぱら@2020.10)

  • テントとタープの統一感のあるカラーリングが魅力。テンマクデザインのソルムのポールもアクセントに。
  • ヘルスポートのバルホールは、家族で冬キャンプを楽しむために個人輸入で購入したもの。
  • クイックキャンプのベンチやカーミットチェアが囲むのはバイヤーのウッドテーブル。
  • サンゾクマウンテンの焚き火台と一緒に使っている三角テーブルは自作。あえてウッドで制作。
  • ハンガーラックも自分で作ったDIYアイテム。ブリティッシュ コール マイニングのマイナーランプやタークのフライパンをセットしている。
  • ヴィンテージのボックスなども効果的に配置している。
  • こちらは無印良品のスチール工具箱。CB缶をまとめて収納するのに最適のサイズだとか。
  • 冬キャンプに備えて用意した石油ストーブは、アルパカストーブのTSコンパクト。
  • マライカで購入した熊鈴を風鈴代わりに設置。こちらもお気に入りのアイテムのひとつ。

OWNER:ke_seさん まこさん、りりちゃん、ここちゃん 

ヘルスポートのバルホールとソトラボのコカゲウイングで構築されたke_seさんファミリーのサイトは、シンプルながらこだわりが満載。

テントとタープの統一感のある色合いも魅力ながら、ウッディなリビングは要所にD.I.Y.のアイテムも取り入れられている。

「ファミリーキャンプなので、あまり無骨にならないようにしました。ミリタリーでもアーバンでもないサイトが理想ですね。ガレージブランドのギアもいいなって思うけど、なかなか手に入らないじゃないですか。それなら自分で作ろうかなって(笑)」。

冬キャンプ用にアルパカストーブを所有しているが、今季はさらに武井バーナーのパープルストーブも狙っているとか。そして今後もD.I.Y.のアイテムを増やしていく予定。

「いつかは家族みんなで使うのに丁度いいサイズの、使い勝手のよいテーブルを作ってみたいですね」。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ヘルスポート/バルホール
  • タープ:ソトラボ/コカゲウイング
  • テーブル:バイヤー
  • チェア:クイックキャンプ/ベンチ、カーミットチェア
  • クーラー:イエティ45L
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウントL
  • ランタン:ゴールゼロ(マライカのシェードをセット)

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout