ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

+αの工夫で使い勝手を向上させる、セルフカスタムに注目。(ふもとっぱら@2020.10)

  • +αの工夫で使い勝手を向上させる、セルフカスタムに注目。(ふもとっぱら@2020.10)
  • スームルームのテーブルは2つの天板、ハンガーとパーツを組み合わせることで拡張できるユニークなアイテム。天板下のハンモック状の収納も便利。
  • 太陽の光で水を温めてくれるジャグ。ホースが付きシャワーのように使えるため、通常のジャグとしても便利。薄く巻き上げて収納できるコンパクトさも◎。
  • ウッドの持ち手がポイントになるFYL FYL GOのハンガーはランタンや焚き火周りのツールを吊り下げている。手頃な価格帯も購入しやすく、現在ネットで人気が出ているブランド。
  • DODのベンチに自作の天板を取り付けた収納ラック。クーラーボックスやコンテナといった重さのあるアイテムも載せることができるように。ステッカーチューンしたコンテナもオシャレ。
  • テントのタープは金具で挟み、リビング用タープを上に重ねた。ボール状の金具をポール先に取り付けクッションにしているためポール先でタープが破れる心配がない。
  • ソロ用としては広めの空間が確保できる室内。島忠で購入したラグは厚みがあるので快適な上、地面からの冷気をシャットアウトしてくれる。
  • タープポールに取り付けたミニテーブルはキャプテンスタッグのもの。焚き火ラックに付け、焚き火中のサイドテーブルにも使える。

OWNER:Hさん

30年来の友人とキャンプを楽しんでいたHさんは、夜は2人がくつろげる用のリビングスペースを確保したサイトレイアウト。テントの屋根を入れ込むような形でタープを張り、隙間からの雨の侵入を防いでいた。

テントはDODのハップフーテントとミリタリーライクなデザイン。それに合わせ、使うギアもブラックをメインにした無骨な雰囲気で統一。スームルームのタープはポリコットン製なので、焚き火ギアもタープ下に問題なく配置できるそう。

リビング端に置いたキッチン兼メインテーブルは、スームルームのもので、テーブル2つと天板、ハンガーとパーツを組み合わせることで拡張できるユニークなアイテム。軽くコンパクトに仕舞える点に惹かれて購入したそう。天板下のハンモック状の収納も便利そう。

後ろにあるDODのベンチは座面の下も収納が付くため使い勝手バツグン。ちょうどいい幅の天板をホームセンターで見つけ、座面に乗せることで収納棚に活用している。フレームのブラックがHさんの持っているミリタリーなギアと相性バツグン。

一方、寝室はネイチャーハイクのコットを使った快適空間。床にはホームセンターで見つけたというラグを敷いて底冷え対策もバッチリ。このテントは前室になるタープ部分の面積が広いため、ソロならこれひとつで十分なこともあるそう。

SPEC

  • テント:DOD/パップフーテント2
  • タープ:DOD/チーズタープS
  • テーブル:スームルーム/折り畳みアルミテーブル
  • チェア:ハイランダー/ウッドフレームチェア
  • ジャグ:ソーラーキャンプシャワー
  • 焚き火ハンガー:FLY FLY GO

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout