ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

すべてが手の届く範囲。動線バッチリな極小レイアウト。(ふもとっぱら@2020.10)

  • コンパクトなリビングは、テントファクトリーのテーブルを活用し、キッチンとクーラーボックススタンドを設置。素材を統一しまとまりあるサイトをメイク。
  • 室内奥の寝床を見ると、冷え込みが厳しくなって来たこともあり、マットは8cmと厚みがあるものをチョイスし地面からの底冷えをシャットアウト。
  • バッグ類をまとめて置いたオレゴニアんキャンパーのシートは、防水素材なので雨の日も安心。四角にホールがあるので吊るして使用したり、用途の幅が広い。
  • 端材を流用した地べたテーブル。ロースタイルのリビングの小物置きとして、焚き火横のサイドテーブルとして、様々な場面で活躍する。
  • ユーコの焚き火台は本体と脚が折り畳め、片手で持てるほどコンパクトになる。2サイズ展開のうち、こちらは大きいサイズ。
  • 薪ラックは無印良品のブックエンドを流用。2枚の板を交差させる構造なので、持ち運び時に邪魔にならない点も優秀。
  • 前室を作るため張り出した壁を閉めると、大人ひとりが広めに使える程度の室内ができる。スカート付きで寒い季節にも使用可能。
  • 焚き火ハンガーは知人に作ってもらったオリジナル。ランタンハンガーも付くため、省スペースで設営できる。

OWNER:TTOさん

今回でソロキャンプが2回目というTTOさん。いつもはファミリーでキャンプを楽しんでいるため、ソロのレイアウトはまだ試行錯誤中だとか。この日は友人も一緒ということもあり、最低限のギアで最低限のプライベート空間を確保した。

サイドフラップを跳ね上げると前室のように使えるバンドックのソロティピー1TCをメインに使い、前室を延長する形でタープを過保護張り。どちらもポリコットン素材なので、雨でも焚き火が楽しめるのも嬉しい。

室内奥の寝床を見ると、冷え込みが厳しくなって来たこともあり、マットは8cmと厚みがあるものをチョイスし地面からの底冷えをシャットアウト。中央のポールもランタンや荷物を引っ掛けるのにちょうどいい位置にある点もポイント。

また荷物をコンパクトにするため、焚き火台はスリムになるUCOのものを愛用し、薪スタンドは無印良品のブックスタンドを流用。地面の湿気からも守ってくれる高さがあり、片付ける際は2枚の板になるため、隙間に収納できる。

SPEC

  • テント:バンドック/ソロティピー1TC
  • タープ:スームルーム/TCタープ
  • テーブル:テントファクトリー/ウッドライン グランドテーブル
  • チェア:テントファクトリー/ウッドライン ラウンジャー
  • 焚き火台:UCO/グリル&ピットファイア
  • ランタン:ベアボーンズリビング/ビーコンライト
  • クーラーボックス:アイスランドクーラー/20QT
  • コット:WAQ/インフレーターマット
  • バーナー:イワタニ/タフ丸

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout