ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ニーモの大型テントとシェルターを併設。アレンジの自由度がお気に入り。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ニーモのヘキサライトで広々としたリビングを構築。
  • ニーモのワゴントップガレージ。前室も広いため、こちらにリビングを作ることも可能。
  • ざあ〜す!!のヘキサテーブル、しゅう次郎と、アナキャンのメタヘキテを併用。ネイタルデザインのオリジナルストライプを配したカーミットチェアも存在感大。
  • タフなアイスランドクーラーは好きなブランドのステッカーでカスタム。
  • メスティンを蒸し器として活用し、手作りの肉まんを楽しんでいた。
  • しゅう次郎の中心にはトヨトミのレインボーストーブが鎮座。
  • オレゴニアンキャンパーのトラッシュボックスは、ゴミの仕分けがわかりやすくて便利。
  • 骨董市で見つけたというヴィンテージのジャグ。自作の脚をセットして愛用中。
  • アシモクラフツのカバーは、スノーピークの焚き火台にもフィットする。

OWNER:林義久さん、礼以さん、遥人くん

ニーモのワゴントップガレージとヘキサライトを併設した林さんファミリーのサイト。ヘキサライトをソロキャンプ用に購入した結果、使い勝手がよかったためワゴントップガレージも揃えたとか。

「ニーモのテントやタープは設営が簡単だし、TC幕と違ってかさばらないのもいい。いろいろとアレンジが効くのもいいですね。今回、ヘキサライトはリビングとして使用しているけど、もう少し寒くなってきたら、ワゴントップガレージの前室にリビングを作る予定。どちらも家族3人なら結構余裕があるから重宝しています」。

キャンプ歴は25年という林さん。現在テントはニーモを含めて4張り所有しているけど、まだまだ欲しいテントがあるとか。

「今はオガワのアポロンがいいなと思っています。でもノルディスクのレイサ6やサバティカルのアルニカも気になるし…。テントにハマると、キリがないですよね(笑)」。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ニーモ/ワゴントップガレージ
  • シェルター:ニーモ/ヘキサライト
  • テーブル:ざあ〜ッス!/しゅう次郎テーブル、アナキャン/メタヘキテ長脚
  • チェア:/カーミットチェア(ネイタルデザイン カスタム)、ヘリノックス/サンセットチェア
  • クーラー:アイスランドクーラー
  • 焚き火台:スノーピーク(アシモのクラフツのカバーをセット)
  • アイアンラック:ミニマムワークス
  • ランタン:ゴールゼロ(ソロワークスもシェードをセット)
  • ストーブ:トヨトミ/レインボーストーブ
  • ゴミ箱;オレゴニアンキャンパー/トラッシュボックス

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout