ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

程よいアースカラーのサイトは、アイテム選びが秀逸。(ふもとっぱら@2020.10)

  • この日はコロナのサークルオブウォームをインストールし、すべてテント内で完結。テントもアーシーなカラーでギア全体のイメージカラーをまとめている。
  • 背もたれが高く快適なヘリノックスのチェアツーホーム。ロッキンフットも付き、寛ぎ度もバツグン。モンベルのテーブルはロースタイルでの使用。
  • ゴードンミラーのベンチを収納棚代わりに使い、小物を整理整頓。コンテナはほとんどをブリッドのもので統一。色別に2個置きし、見た目もスッキリ。
  • こちらのベンチにはサンドカラーのアイテムをセット。コンテナ、パワーアークのポータブルバッテリーとテーブル近くに置きいつでも使用できる動線に。
  • 携行缶、石油ポンプ、バケツはすべてオリーブドラブでまとめた。ニコアンドで購入したバケツは折り畳みでき持ち運びに便利。
  • アウターや防寒着を掛けたミニマルワークスのハンガーはLサイズ。外には焚き火ツールを引っ掛けたデザインの似たラックを使用している。
  • 焚き火を楽しむ外のスペースでは、ユニフレームのフィールドラックに天板をセットしたもののほか、キャンプマニアプロダクツのグリルスタンドなど、用途に合わせたテーブル選び。
  • 4人用インナーと広々とした前室で、特にファミリー層から人気のモデル。冬は室内に篭っても広く使え、設営が比較的簡単なトンネル型な点も人気の理由。

OWNER:シンヤさん、ヒトミさん

今話題のサバティカルから発売された新作テント、アルミカをベースにしたシンヤさん夫妻。ミリタリーライクなアイテムが好みだそうで、アースカラーなギアを多数使っていた。

このサイトで特に注目したいのが、すのこや有孔ボードといった定番アイテムのセレクトセンス。2枚で1000円程度という黒のプラスチック製すのこは、安さもさることながら、汚れが拭き取りやすく使い勝手もバツグン。

そのほか、ボックス上に蓋として置いた有孔ボードは、ホームセンターでゲット。テーブル上は100円圴一のものだそうで、小物置きとして活躍。嵩張らず手軽に入手可能な点も優秀だ。

こうした少しのアイテム選びの工夫で、サイトは使い勝手も向上。ブランドや金額で選ばずとも、見た目も機能性も兼ねたアイテムはたくさんありそうだ。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:サバティカル/アルミカ
  • テーブル:モンベル/マルチフォールディングテーブル
  • テーブル:キャンプマニアプロダクツ/アイアングリル
  • テーブル:ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:ヘリノックス/チェアツーホーム
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル
  • ランタン:ポストジェネラル/LEDランタン
  • クーラーボックス:コールマン/エクスカーションクーラー30QT
  • バーナー:コベア/キューブ

その他のふもとっぱら@2020.10

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout