ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

拡張したシェルターと、届いたばかりの新車で快適キャンプ。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ヘリノックスのノナドームをメインに、拡張パーツのベッドルームを取り付けたオールインワンスタイルでのキャンプ。
  • ノナドームのリビング部分は、ファミリーでもゆったり使えそうな広さ。アルパカのストーブをインストールし、夜も暖かく過ごせる。
  • ミニマルワークスのインディアンハンガーは、焚き火ツールやキッチンツールなどにちょうどいいSサイズから、ダウンなどアウター類が下げられるXLまで展開も豊富。
  • 外に作ったリビング。カーミットチェアにモンテッラのフットレストを付け、快適さをアップ。コストコのムートンはブラックなテントと色の相性がいい
  • 寒い時期はソロストーブの焚き火台で暖を取る。薪を重ねたログフープは上部分を取手として持ち運びもできる。
  • 車中泊もできる車内は、元から付いていたベッドキットを使用し、ラグをセット。天井にはポールハンガーも取り付け収納力もアップさせた。
  • H28年式のハイエースは、オーバーフェンダーと腰下のパーツをマットブラックに塗装。ヘッドライトの中も同色に塗装したり、カスタムにもこだわりが。

OWNER:nk7648315さん

ヘリノックス のノナドームを4.0を拡張させることで、すべてシェルター内で完結できるオールインワンスタイルでキャンプを楽しんでいた夫婦。

シェルター部分は嵩張ってしまう石油ストーブを置いても余裕の広さを保てるため、ミニマルワークスのハンガーラックなど便利なアイテムを置くスペースを確保できる。

また、この日は納車されたばかりという愛車での初キャンプ。車中泊のため、選んだのはトヨタのハイエースだ。顔まわりなどに手を加え、細部までこだわったそう。

車内には前オーナーが取り付けたベッドキットを活用しつつ、ポールハンガーといった収納用パーツを後付け。テントサイト同様に、広くて快適なクルマを手に入れた。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • シェルター:ヘリノックス/ノナドーム4.0、ベッドルーム
  • テーブル:ブラックデザイン/ハレテーブル
  • テーブル:ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:キャンプオンパレード/ウォールナットフォールディングチェア
  • 焚き火台:ソロストーブ/レンジャーキット
  • ランタン:デイツ/レイルロードランタン
  • ランタン:ティーリー/ガーズマン
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ 45
  • ストーブ:アルパカ

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout