ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ファッションフィーリングな、感度高めのサイト構成。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 韓国のブランド、マックアウトドアのタープをチョイス。撥水性に優れているため、雨の日も安心して使えるそう。
  • 韓国のブランド、マックアウトドアのタープをチョイス。撥水性に優れているため、雨の日も安心して使えるそう。
  • テーブル横にはエプロンを取り付け小物入れとして活用。短い丈のデザインなので、ローテーブルに付けてもぴったりサイズ。
  • バイヤーオブメインのスツールには、カウブックスのウッドボックスを置き小物収納に。プレイメイトのクーラーボックスやスタンレーのランチボックスも収納として使っている。
  • グリルスタンドの上には重さのあるアイテムをセット。クーラーボックスのほか、ワットノットの工具入れにキッチン道具やランタンなどを入れている。
  • 焚き火周りはサンゾクマウンテンのアイテム中心。焚き火テーブルとしてデルタスを置き、ツールハンガーにしたショックは、短いハンガーを2つ付けている。
  • 大人が立って歩ける天井高のバックカントリーバーン。廃盤モデルのMSRが特に好みらしく、リサイクルショップやオークションで購入しているそう。
  • 広い室内はフロアレスにしてコットをセット。底冷え防止のためコットの座面にはラグとマットを敷き、ナンガの寝袋をセット。冬キャンプもこれで快適。

OWNER:kazuさん、satoさん

グリーンをテーマカラーにサイトを構成していた2人。使用しているギアはアパレルブランド発のギアが多く、ファッションフィーリングなリビングが印象的だ。

またファニチャー類はウッドで統一させつつ、収納用コンテナのリアルツリー迷彩や、クーラーボックス、ジャグといった小物にミリタリーテイストをチョイス。サイトのポイントとして引き立っていた。

防寒として、イケアで購入したというムートンのラグやホースブランケットリサーチのブランケットなど、デザイン性に優れたアイテムを取り入れつつサイトをコーデしていた点にも注目したい。

このほか、ユニフレームのハンディガスストーブをリビングの足下に置き、テント内にはフジカハイペットを設置。冷え込む夜の対策もバッチリだ。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:MSR/バックカントリーバーン
  • タープ:マックアウトドア/マックワン
  • テーブル:バイヤーオブメイン/パンジーン バレーローロールトップテーブル
  • チェア:アナルコマウンテニアーズ/アナルコチェア
  • チェア:キャプテンスタッグ/アルミ背付きベンチ
  • チェア:アナルコマウンテニアーズ×バリスティクス/LXチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル
  • ランタン:ティリー/ヴィンテージ
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • ランタン:コールマン/286A
  • クーラーボックス:ディーライト/アイスランドクーラーボックス
  • クーラーボックス:F/CE/MFクーラーコンテナ
  • コット:クオルツ/2WAY ライトビームコット
  • ジャグ:リッジモンキー/ウォータータンク
  • バーナー:イワタニ/マーベラス

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout