ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

コットンの特徴を活かした、天候に左右されない焚き火キャンプ。(ふもとっぱら@2020.10)

  • テンマクデザインのサーカスシリーズで揃えたサイト。コットン素材は冬キャンプにもってこいなので、多くのキャンパーからも人気のあるモデルだ。
  • こちらがサーカスTCにドッキングできる新作タープ。あえて横を壁のようにしたセッティングで風の影響を少なくしているだけでなく、サイトの目隠しとしても役に立つ。
  • タープ下に作ったリビングでは、焚き火も楽しめる。サンゾクマウンテンのマウンコスに、友人が作ってくれた焚き火ハンガーをセット。長年育てているというケトルもいい味を出している。
  • ホームセンターで購入した鉄棒は黒に塗装し、ハンガーを自作。水回りで使うアイテムを吊り下げた。下に置いたイグルーのジャグも黒に塗りステッカーを貼っている。
  • テント室内は、トヨトミのストープを入れ防寒対策もバッチリ。TheArthの六角テーブルでポールとストーブを囲みデッドスペースを作らないレイアウトもお見事。
  • 食器やマグ類も色味を揃えるため、デバイスワークスのアイテムで揃えている。ユニフレームの焚き火テーブル下についた荷物置きは、足にイケアの水切りラックを通したもの。
  • ブラックカモも好きだそうで、コンテナやソフトクーラーなども柄を揃えて購入。奥の2つはアルバトールのギアコンテナで、表についたカラビナループが便利。
  • コットの下にはユニフレームのフィールドラックを置き、充電用アイテムをまとめて配置した無駄のないセッティング。ポータブルバッテリーはパワーアークのモノを愛用中。

OWNER:Naokiさん、 Saekoさん

コットンテントの中でも特に人気のあるワンポールモデルの、サーカスTC。このテントとドッキングし前室のように使えるタープ、サーカス ヘキサコネクトの両方でサイトを作っていたNaokiさんカップル。

今回は雨も降らないことから、タープは前にドッキングせず、サイドに壁のようにセッティングしていたのが特徴的だった。またコットン素材を使用していることから、タープ下は思う存分焚き火を楽しむスペースとして使用中。

またこだわりはサイトのカラーを統一し、ブラックとサンドで揃えていることからも伺える。ジャグをはじめこれまで購入したギアで色味が合わないものは、自ら塗装を施し無駄にせずしっかりと活用していた。

ほかにもテント室内では六角テーブルを活用したりコット下を収納として使うなど、デッドスペースの活用方法もお見事。サイトをスッキリ見せたいキャンパーのお手本と言っても過言ではない。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:テンマクデザイン/サーカスTC
  • タープ:テンマクデザイン/サーカスヘキサコネクト
  • テーブル:TheArth/エボ次郎
  • テーブル:ヘリノックス/テーブルワン
  • テーブル:ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:アディロンダック/リラックスキャンパーズチェア
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコス
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • ランタン:モスキート
  • ランタン:トーマス&ウィリアムス/カンブリアランタン
  • クーラーボックス:AOクーラーズ
  • コット:クイックキャンプ/フォールディングコット
  • コット:アンプラグド/クロウ
  • ジャグ:イグルー/ウォータージャグ
  • バーナー:ソト/ST-310

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout