ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ホームシアターも完備!寒い季節の最強おこもりスタイル。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 難燃性ポリエステルを採用したバランゲルドームは、テントの頂点に付いたベンチレーターから煙突を出すことができる。大人2人の寝室もリビングも全て収まる大型サイズ。
  • 中央の薪ストーブを中心に作ったリビング。奥の壁にはホームシアター用のスクリーンが付いた、贅沢な空間。手前はこちらも暖取り用に持参したオムニバーナー。ミリタリーライクな色味も人気。
  • ミニマルワークスのインディアンハンガーは着替えや取っ手・紐の付いたアイテムを吊り下げるのに便利。キャンプ収納の定番、トランクカーゴは、蓋をひっくり返し天板を乗せ棚やテーブルとして使える。
  • 薪ストーブはテンマクデザインのウッドストーブL。左右に広がる天板は、熱した後のケトルや鍋などを置くのに便利。天板で湯沸しや調理ができるのも使い勝手がいいポイント。
  • 持参したプロジェクターはアンカーのネビュラマーズⅡで、スピーカーやアプリプレイヤーでも使えるアンドロイド搭載モデル。音質改善のためスピーカーは別に用意している。
  • サイト全体のテイストを統一するため、クオルツのオリーブカラーのテーブルをキッチンテーブルに使用。ソトのシングルバーナーはOD缶が使えるようパーツを取り付けているそう。
  • テント前に作った焚き火コーナーもオリーブカラーと黒で統一。焚き火中のサイドテーブルにはユニフレームのフィールドラックを使い、C.&C.P.Hイクイップメントのバッグを薪入れにした。

OWNER:miboさん、shinGoさん

冬の定番、おこもりスタイルのサイトでくつろぐ夫婦。2人のサイト内を拝見させてもらうと、薪ストーブ囲むようにリビングを配置。左右にはそれぞれのベッドを作った快適な空間が広がっていた。

さらにテント奥の壁にはスクリーンがセットされ、プロジェクターやスピーカーが完備。冷え込む夜は出入り口を締め切り、YouTubeを見たりとおこもりキャンプを満喫できる贅沢なセッティングだ。

テント外には焚き火を楽しめるスペースも完備されているので、夫婦で焚き火を囲むまったりとした時間もしっかり確保。サイドテーブルや焚き火ハンガーもあり、ここで調理も楽しめそう。

寒さはこれからの季節が本番。このサイトのように暖かい室内で長時間快適に過ごすことができる工夫は、冬キャンプのベテランも初心者もぜひ参考にしたいところ。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ヘルスポート/バランゲルドーム
  • テーブル:アウトプットライフ/ウッドロールトップテーブル
  • テーブル:クオルツ/センターフォールディングテーブル
  • チェア:スノーピーク/ローチェア
  • チェア:バンドック/コンパクトチェア
  • 焚き火台:スノーピーク/焚き火台M
  • ランタン:レイルロードランタン
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • ランタン:レッドレンサー/ML4ウォームライト
  • コット:アウトプットライフ/イージーコット
  • バーナー:ソト/ST-310
  • 薪ストーブ:テンマクデザイン/ウッドストーブL

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout