ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

焚き火を思う存分満喫する、タープなしの青空リビング。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 晴天の予報を見て、今回は大胆にもタープを使わないレイアウト。火の粉を気にせず思う存分焚き火を楽しむことができる。気温的にもタープなしのセッティングは今期最後だとか。
  • 今回のメインは焚き火。サンゾクマウンテンのマウンコスはチェーンの取っ手が着くので風向きに合わせた配置換えも簡単。長めの脚が付き、芝の焦げつき防止にも一役買ってくれる。
  • メインテーブルはブラックデザインのハレテーブル。ユーズドで購入したコンテナは、焚き火ギアをまとめて収納しているそう。テーブル脇に置き、棚としても活用中。
  • こちらは調理用に使った焚き火台。アシモクラフツのタキビノアシにアシサークルを乗せ、サンゾクマウンテンのデルタスを五徳のように使っている。ハンガーはサンゾクマウンテンのショック。
  • 薪割りに欠かせない、ファイヤーサイドのキンドリングクラッカー。刃の部分に割りたい薪を当てハンマーで叩けば細かな薪ができる優れモノ。アイアン製で重さはあるが、焚き火台付近でも使用できる。
  • 座間にあるヴィンテージショップ、モーニングスターで購入したボックス。ランタンをはじめ、小物類は古めのアイテムを好んで集めているそう。サイトの雰囲気作りにも◎。
  • トンネル型テント、ケロン4GTは設営の簡単さからファミリー層に人気。高さはないものの、広い室内と広い前室も使い勝手のいいポイントのひとつ。

OWNER:Takaさん、Kengoくん

天候に恵まれたこの日、火の粉を気にせず焚き火をメインにキャンプできるようにと、タープなしのレイアウトで楽しんでいたTakaさん親子。寝床のケロン以外はすべて外に配置していた。

リビングとしてブラックデザインのウッド製テーブルを持参していたが、焚き火台付近は火に強いアイアン製のギアをメインにセッティング。素材の持つ特性を生かした配置だ。

また、収納類にはボックスを多用。焚き火ツールを入れたカタパルトの工具ボックスは、すぐ配置を変更することができる便利な取っ手付き。夜露で心配な場合でも、テント前室にラクラク持ち運べる。

上記のボックスはもちろん、ランタンをはじめとしたヴィンテージギアを多く取り入れた事で、タープなしでも雰囲気のいいサイトが完成。まさに、好きなモノに囲まれたキャンプを満喫していた。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ヒルバーグ/ケロン4TC
  • テーブル:ブラックデザイン/バレテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • チェア:ヘリノックス/サンセットチェア
  • チェア:ヘリノックス/チェアワンミニ
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコス
  • 焚き火台:アシモクラフト:タキビノアシ
  • ランタン:ヴェイパラックス/M320
  • ランタン:ドレッセル/レイルロードランタン
  • ランタン:フュアハンドランタン
  • ストーブ:ユニフレーム/ワーム
  • ストーブ:アルパカ

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout