ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

家族の時間も確保した、統一感のあるグルキャン用セッティング。(ふもとっぱら@2020.10)

  • タトンカ最大サイズのタープ1TCは、3家族が入っても余裕のある面積。コットン製で遮光性も高く、焚き火の彦にも強いためオールシーズン活躍してくれる。
  • ハイランダーのロールトップテーブルは90と120の2サイズをドッキング。それぞれの家族が持ち寄ったイスだが、黒やタンカラーで揃っているためごちゃつきを感じさせない。
  • タープ下のリビング左右にクーラーボックスなどの箱物を配置。奥にあるイグルーのステンレススチールクーラーボックスは、ハイランダーの脚に置かれ、全体のテイストとマッチしている。
  • キャンプの必需品、ポータブルバッテリーはパワーアークのグレーカラー。スマホはもちろん、PCなどのAC電源を必要とするバッテリーの充電も可能。
  • テント内に置いたテーブルと同じ、ノラズのオラオラはトランギアなどのアルコールストーブのほか、ソトのレギュラーターストーブをはめ込めるデザインになっている。
  • これからの季節、最も楽しめるのが焚き火。タープ下から離れた場所に作った焚き火スペースにはペトロマックスのアタゴと自作の焚き火ハンガーを置いていた。
  • 乙黒さんのテントは、薪ストーブもインストール可能なバランゲルドーム。前面3ヵ所に大きな出入り口が付きシェルターのようにも使える。大人8人が入る広い寝室は快適そのもの。
  • 室内は両端にコットを置き、中央にノラズテーブルを配置。奥にはミニマルワークスのインディアンハンガーも置き、アウターなどの着替えを掛けておける。

OWNER:高野ファミリーさん、西岡ファミリーさん、乙黒さん

3家族が集まったグループキャンプでは、タトンカのタープ下がメインリビング。それぞれ持ち寄ったテーブルやイスはウッドと黒を基調としたギアが多く、自然と落ち着いた印象だ。

ハイランダーのテーブルは90と120の幅違いを並べているため、グループ全員で囲むことができる大きなメインテーブルが完成。高さの合うテーブルなら、大型サイズがなくとも大人数に適応できるギアに早変わりする。

また、今回はそれぞれ家族で寝室は別。テント内を見せてもらった乙黒さんは、ヘルスポートのバランゲルドームを使い、リビングとは雰囲気の違うミリタリーテイストなサイトを作り込んでいた。

広い室内はフロアレスで、子ども用と自分用のコットを対面に置き、中央にはリビングスペースも確保。これなら、日中はタープ下で仲間と楽しみつつも、家族で過ごす時間をしっかり作ることができそう。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ヘルスポート/バランゲルドーム
  • タープ:タトンカ/1TC
  • テーブル:ハイランダー/ウッドロールトップテーブル
  • テーブル:ノラズ/ノラズテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • チェア:キャプテンスタッグ ブラックレベル/アルミ背付きベンチ
  • チェア:フィールドア/クラシックチェア
  • チェア:ヘリノックス/タクティカルサンセットチェア
  • チェア:クイックキャンプ/2人掛けフォールディングベンチ
  • 焚き火台:ペトロマックス/アタゴ
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ45
  • ジャグ:スタンレー/ウォータージャグ
  • コット:ヘリノックス/タクティカルコット
  • コット:アウトプットライフ/イージーコット

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout