ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

機能性を最大限に活用!お手本にしたいレイアウト。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 大人が12名まで収容できる、アウトフィッターウィングは寒さを感じさせない明るいホワイトカラーが印象的。今では廃盤モデルとなり、ファンから根強く人気。
  • チェア類はネイタルデザイン別注モデルのトリコロールカラーで統一。テーブル脇に置いたサイドテーブルには、スノーピークのガビングフレームにバリスティクスのカバーをつけて、利便性もバッチリ。
  • ユニフレームのフィールドラックと、イベントのワークショップでゲットしたソマビトのウッドテーブルにキッチンギアをひとまとめ。
  • こちらも廃盤となったプリムスのシングルバーナーIP2280。風防がなく風に弱いが、大きな五徳と地面にもそのまま置ける高めの脚が便利。
  • バリスティクスのキッチンペーパーホールダーにカラビナを付け、サンゾクマウンテンのショックに取り付けた。S字フック部分にはウェットティッシュが掛かっている。
  • 暖房として持ち込んだ武井バーナー。火力が強く、冬場もこれだけでかなり暖かいとか。今回は小さい子どもがいるため、テント内にはアルパカのストーブを持ち込んでいる。
  • 8〜10人用ドームテントのレア8は、前後に付く大きな出入り口が悪天候の場合にも役に立つ。冬のキャンプにも使えるエクスペディションモデル。

OWNER:jaypii.jpさん、Tsunさん、kippeiさん

MSRやマーモットと高規格なギアが並ぶこのサイト。グループキャンプということもあり大判タープをリビングとして、小さな子どもがいても安心できるドームテントを用意したそう。

リビング下は友人らも集まれるよう最低限のギア配置。それでも、サイドテーブル脇のゴミ箱や地面に直置きできるバーナーなど、手の届く範囲に必須アイテムが置かれるなど動線もバッチリ。

また、照明には雰囲気のあるヴィンテージランタンを採用。ファッションブランド発のチェアや小物類も多用するなど、インテリアのセンスも抜群。

武井バーナやテント内にアルパカストーブもしっかりセットするなど、機能性にもデザイン性にも抜かりないセッティングは、ぜひお手本にしたい。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:マーモット/レア8
  • タープ:MSR/アウトフィッターウィング
  • テーブル:バイヤーオブメイン/パンジーンバレーローロルトップテーブル
  • テーブル:バイヤーオブメイン/パンジーンフォールディングテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • チェア:EIスツール
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • ランタン:デイツ/スポート
  • ランタン:セントルイス/レイルロードランタン
  • ランタン:マイナーズランタン
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ 35
  • ジャグ:MSR/ドロメタリーバッグ
  • バーナー:イワタニ/タフ丸

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout