ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

小さくても快適なサイトは、経験から得たギア審美眼の賜物。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ブルックスレンジのタープはクルマとドッキングさせるため、背面と左右に壁を作るアディロンダックという設営方法をアレンジしたセッティング。ループが多いタープならではのレイアウト。
  • カーミットチェアはバリスティクス×ナチュラルマウンテンモンキーのマイスターシートのほか、プラットフォームロッカーというバイカー発ガレージブランドのシートに張り替え。どちらもワンズテーブルを取り付けている。
  • テーブルはポールホールがあるシマ美を選び、コンパクトなリビングを上手に活用。奥にあるラックはアナキャンのメタヘキテラックで、六角テーブルとの相性もバッチリ。
  • 火力が強く、風の影響はゼロだというコベアのアルパインストーブ。脚にはGワークスのスマートスタンド2取り付けているが、地面に直接置くことができ便利。
  • ハングアウトのファイヤーサイドテーブルは、軽さと仕舞いサイズのコンパクトさがお気に入り。天板を鉄製に変えたことで熱を持った鍋なども置くことができる。
  • ミリタリーテイストのアイテムで揃えた収納類。コンテナは米軍の払い下げ品で、ペリカンハーディック社のもの。ワットノットの工具入れは最近ゲットしたものだそうで、こちらもお気に入りだ。
  • テント内はラグを敷き、地面からの冷えを防ぐ。移動中や日中はシュラフカバーに寝袋をしまっているが、こちらはネイタルデザイン×ハーフトラックプロダクツの人気デザイン。
  • トヨタのランドクルーザー プラド95は1997年式。状態のいいクルマを取り寄せたそうで、今でも走りに問題なし。リフトアップやタイヤチェンジのほか、バンパーなどをカスタムしている。

OWNER:ミカンさん、ハルカさん

最近手に入れたというランクルプラドをメインに、今回サイトをセッティングしたミカンさんとハルカさん。ユニークなタープの張り姿は遠くからも目を引くインパクト大な仕上がりだ。

アディロンダックというセッティング方法を少しアレンジしたブルックスレンジのタープは、登山用ブランド。タープとクルマの間にリビングを入れていたが、ミニマムながらも必要十分なレイアウト。

防寒として持参したパープルストーブは、小さくても火力が強くこれ1台で十分だとか。最近はシンプルなギアが好みだそうで、ハングアウトの薪スタンドやコベアのバーナーなど、軽くてコンパクト、かつハイスペックなギアを多用していた。

デザインの凝ったアイテムも取り入れつつ、少しずつシンプルなレイアウトに移行しつつあるというミカンさん。数々のギアを使ってたどり着いたギアセレクトは、アイテム選びで迷った人の参考になるはず。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ミニマルワークス/パプリカ
  • タープ:ブルックスレンジ/ウルトラソロタープ
  • チェア:カーミットチェア
  • テーブル:TheArth/シマ美
  • ランタン:スノーピーク/ノクターン
  • ランタン:コールマン/ルミエール
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • クーラーボックス:AOクーラーズ
  • バーナー:コベア/アルパインストーブ

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout