ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

落ち着いたブラウンサイトは、使いやすさ◎なギアのオンパレード。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 晴れ予報ということで、タープを使わずテント前にリビングダイニングをセッティング。色味をブラウンで統一できるようギアを揃えているそうで、愛車のランクルもベージュカラーという徹底ぶり。
  • ウッドテーブルはサンダーを掛け自分で塗装している。カーミットチェアは、バリスティクス×ナチュラウマウンテンモンキーのマイスターシートのほか、韓国ブランドモンシヌの柄物にそれぞれ張り替え。
  • 自作のキッチンラックは脚と天板がバラバラになるので、持ち運びにも困らない。手前に置いたプリムスのヴィンテージバーナーは、主に煮込み料理などで活用している。
  • ブラウンの色味が気に入って購入したテントは、イタリアメーカーのもの。広い前室は夫婦2人なら入れるほどだそうだが、冬場はさらに大きなコットン製テントを使用することがほとんどだとか。
  • こちらも色がお気に入りというテントファクトリーのクーラーボックスは、ネイチャートーンズのスタンドにオン。奥のゴミ箱はユニフレームで一式揃えた。
  • リビング横に作った収納スペースは、脚のみネットで購入。上のバスケットはどちらも古いアイテムで、ヴィンテージショップでゲットしたもの。
  • こちらがキッチンラックに作った水切りスペース。木材でフレームを作り、ステンレス製の棒を入れている。もちろん、普通の収納棚としても使える便利なアイデア。
  • サンゾクマウンテンのデルタスには星座の模様が入り、マウンコルにはテント・クルマ・富士山のイラストが入っている特注品。かなりのこだわりが感じられるスペースだ。

OWNER:hoshizora_campさん、chikuwa1515さん

hoshizora_campさんはウッドやベージュ、ブラウンといった落ち着いた色味でギアを選んでいるそう。色を合わせたことで全体にまとまりが生まれ、大人な雰囲気が漂うサイトが完成した。

アイテムはブランドを問わず地道に探しているそうで、手前に置かれたガーデン用ソーラーランタンは、LEDライトながら炎がゆらめくライトのデザイン。こうしたユニークなアイテムが多数置かれているのも、このサイトの特徴だ。

また、一番目立っていたキッチンラックはすべてD.I.Y.によるもの。奥さまの慎重に合わせた高さで設計されているだけでなく、天板に棒を仕込み水切りラックとして使える仕様に。

色味を統一するため、ウッド系ギアは自分で塗装するなどのカスタムも施しているそう。手持ちのアイテムに少し手間を加えるなど工夫を凝らし、理想のサイトを実現させているのだ。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ベルトーニ/カプリ200
  • テーブル:196/ウッドテーブルkuroson210
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル
  • ランタン:ペトロマックス/HK350
  • ランタン:デイツ/フュアハンドランタン
  • ランタン:コールマン/ルミエールランタン
  • クーラーボックス:テントファクトリー/メタルクーラー スチールボックス
  • バーナー:イワタニ/タフ丸ジュニア
  • バーナー:プリムス/4400

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout