ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

昼夜でリビングを分ける、気温に合わせた賢いサイトレイアウト。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ヒルバーグのタープ下にリビングを作り、冷え込む夜はストーブを入れたシェルターの中で過ごす。まだ日中が暖かい秋はこのスタイルがベストかもしれない。
  • 最近購入したネイチャートンズのリビングテーブルは、中央にゴミを入れる穴が付くのが便利。下段にも収納用の棚があり、大人数で使う場合も役立ちそう。
  • アイアン脚のラックは、高さを測りそれぞれ別々にネットで購入。高さのあるラックにはクーラーボックスなどの箱物を置くのにぴったり。こちらは楽天で、小さいラックはクリーマで購入した。
  • キッチンツールを収納したユニフレームのフィールドラック。オプションパーツも豊富で、左下段にはメッシュボックスを付けている。右上段の天板は、キャンプギークスというガレージブランドのもの。
  • 夜はシェルター内に入れるというストーブは、トヨトミのギアミッション。コンクリートの室内24畳、木造なら17畳の高暖房出力を誇り、寒さの厳しい冬キャンプでも大活躍。
  • マーモットのテントはどちらもエクスペデションモデル。手前のシタデルは大人2〜3人用サイズ。奥のレア8は8人用の広い室内と前後に付いた前室が便利。大人が立って歩ける高さも魅力。
  • アナキャンのファイヤーワールと、ソマビトの焚き火サイドスタンドを置いた焚き火スペース。タープがナイロン製なので、焚き火台は少し話した場所に設置していた。

OWNER:はるるファミリーさん

タープ下のリビングとシェルターを上手に使い分け、寒暖差の激しい秋キャンプも快適に過ごしていたはるるさんファミリーのサイト。8人用テントを寝室兼夜のリビングにしているそう。

太陽の出ている日中は暖かく暖房いらずだが、夜は放射冷却の影響で厳しい寒さ。そんなシチュエーションの中、家族が集まるリビングをタープ下、シェルターと使い分けるのは賢い選択だろう。

タープ下に作ったキッチンとリビングスペースでは、ラックやテーブルなど拡張性の高いアイテムを上手に活用。荷物が多くなるファミリーキャンプでもスッキリとした空間を保っていた。

また、ポイントごとに話題のアースカラーアイテムを取り入れることで、カラフルなタープとテントとは対照的に落ち着いた印象に。こうした色味の取り入れ方も参考になりそう。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:マーモット/レア8
  • テント:マーモット/シタデル
  • タープ:ヒルバーグ/10UL
  • テーブル:ネイチャートーンズ/フォールディングダイニングテーブ
  • チェア:ヘリノックス×ペンドルトン/チェアホーム
  • チェア:カーミットチェア
  • チェア:キャプテンスタッグ/背付きアルミベンチ
  • 焚き火台:アナキャン/ファイヤーワール
  • クーラーボックス:コールマン/エクスカーションクーラー
  • バーナー:イワタニ/タフ丸
  • ストーブ:トヨトミ/ギアミッション

その他のふもとっぱら@2020.10

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout