ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

タープなしでも暖かさが伝わる、焚き火中心のサイト構成。(ふもとっぱら@2020.10)

  • この日右にあるバンドッグのソロテントが初張りということで、寝室を分けての設営だそう。終日晴れ予報ということでタープなしで焚き火をメインに据えたレイアウト。
  • ダッヂオーブンで調理ができるよう、イスの間にアイアン製テーブルをセット。熱を持った鍋類もそのまま置くことができる。それぞれのイスにはフリースのブランケットを敷き防寒対策。
  • 最近ソロキャンパーからじわじわと人気を高めているバンドッグ。手前に張り出したタープ部分を締め切って夜を過ごす。左右の出入り口を開け閉めすることも可能。
  • 寝床にはスノーピークのハイテンションコットをセット。サイドテーブル代わりに使っているのは、アインクラフトの小さいテーブル。
  • ビジョンピークスのキッチンラックは、棚板を追加し自分仕様の棚を作ることができる。2人が使っていたのはサイズ違いがセットになったもの。
  • ノルディスクの室内ラグやペンドルトンのブランケットでカラフル。ネイチャーハイクのコットで底冷えを防止した、秋冬対応のセッティング。
  • ユドゥン ミニは大人2人が寝られるサイズのコンパクトなテント。コットン素材なので、室内の暖かい空気が逃げにくく、結露しにくいのも◎。
  • 寝る時の暖房として使用していた豆炭の湯たんぽ。火を通した豆炭をセットしたら専用ケースに入れ、そのまま寝袋に入れるだけで朝まで暖かいそう。

OWNR:MARIさん、ZUYAさん

ソロサイズのテントをそれぞれ設営し、それぞれしっかり防寒対策して室内を作り込んでいたこのサイト。青空リビングでコンパクトにまとめつつ暖かさが伝わるレイアウトだ。

それぞれのテントの間には飾りを兼ねたLEDランタンを通し、キッチンや寝室入り口など要所要所にランタンをセット。しっかり灯が取れるような配置になっている。

中央にはビジョンピークスのキッチンラックと、小さめのリビングを配置。毎度ダッヂオーブンで調理するのがお決まりだそうで、手の届く範囲にキッチンを兼ねた焚き火台をセット。

壁代わりに張ったテントは2人だけのプライベート空間を作り上げ、タープなしでも問題なし。こうして焚き火と料理が同時に楽しめる、ほっこりサイトが完成していた。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ノルディスク/ユドゥン ミニ
  • テント:バンドック/ソロベース
  • テーブル:尾上製作所/焚き火テーブル
  • テーブル:ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:ヘリノックス/タクティカルチェア
  • チェア:ヘリノックス/コンフォートチェア
  • ランタン:ベアボーンズリビング/レイルロードランタンLED
  • ランタン:スノーピーク/ほおずき
  • ランタン:ハイランダー/アンティークLEDランタン
  • クーラーボックス:イエティ/ローディ20
  • バーナー:コベア/キューブ
  • バーナー:イワタニ/タフ丸 ジュニア

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout