ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

超快適、超豪華!大人気ブランドの新作テントでグランピング。(ふもとっぱら@2020.10)

  • さながらお城のような室内は、高い天井高と拡張された広々とした空間。左右に取り付けたテントで空間が仕切られるのも便利。
  • 教会をイメージしてデザインされたミッドガルドの左右に、別モデルであるビムルを2つ取り付け。さらに前後の入り口へ別のテントを取り付け総勢4つまで拡張可能だ。
  • 広いリビングは、オーダーしたテーブルをアウトプットライフのソファやカーミットチェアで囲み、夜の宴会場になる。この時期なら、まだトヨトミのストーブ1つで温まるそう。
  • 拡張した片方の室内は、まるで書斎のようにテーブルとチェアをセット。皮製の手すりが珍しいチェアは、韓国のデザイナーから送られてきたもの。家の中でも使用できる。
  • イナウトのボックスにキャスターを取り付け、稼働できるように。蓋はそれぞれ純正品だが、間に渡した天板は欲しいサイズで自ら作成。収納兼キッチンにも使えそう。
  • もう一方の拡張したテントは、快適な寝室。厚さのあるエアマットにカバーを掛ければ、ホテル顔負けの寝室が完成する。

OWNER:むーさん

2.7mもある高い天井、3×3mの広い室内でリゾートホテルさながらのサイトを作り込んでいたむーさん。白いコットンテントが好きだそうで、ノルディスクの新作を早速ゲットしていた。

このミッドガルドはセンターポールではなく二股構造のポールを使い設営するため、デッドスペースが少なく空間を広く使えるのが特徴。

さらに特筆したいのが、4面の入り口にはそれぞれ同ブランドのヴィムルを取り付けでき、合計5つのテントを使った超広々空間が手に入るという。

今回は左右のみに取り付けているが、リビングと寝室で空間が別れることで快適さがアップ。大型ソファもラクに入り、まさにグランピングスタイルを体現していた。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:ノルディスク/ミッドガルド
  • テント:ノルディスク/ビルム
  • テーブル:キュービーイング/オーダーテーブル
  • テーブル:ヘリノックス/テーブルオー
  • チェア:カーミットチェア
  • チェア:アウトプットライフ/エアグランプソファ
  • チェア:ミニライフオフィシャル
  • ランタン:ドクターホッピー
  • エアマット:ラングリア

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout