ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

オールドテイストなサイトは、新旧ギアが揃い踏み。(ふもとっぱら@2020.10)

  • いつでもギアを積みっぱなしにしているというフォードのE150を愛車に、ファミリーで冬キャンプを楽しんでいる。
  • リビング・焚き火スペースは比較的新しいギアが多め。奥に見えるオールドマウンテンの真空管アンプや、レザーのチェア、ウッド素材のテーブルなど、レトロな雰囲気のギアで統一感を持たせている。
  • 2ヵ所にタープが付いた5人用のテント。コットン素材は室内の保温効果も高く、冬キャンプには欠かせないアイテムのひとつ。
  • カーミットチェアはピノワークス×デバイスワークスのコラボ座面のサンダンバラに張り替え。肘掛はオールドマウンテンのヒジラクを付け、パーツも真鍮のものに付け替えるなどこだわり満載。
  • 焚き火周りはサンゾクマウンテンで統一。どちらも人気のワガラシリーズで揃え、ランタンハンガーも同ブランドのアイテムを使用中。
  • 知人から譲り受けたウッドラックは、上段の天板が2枚セット。必要に応じて取り外しできるのが便利。また天板脇にラックも付き、使い勝手も◎。
  • のみの市で購入した古いテーブルをジャグ台やクーラーボックススタンドに代用。ヴィンテージの雰囲気とコットンテントの相性もバッチリ。

OWNER:0891_of_playさん

寒い時期にのみキャンプへ行くと話す0891_of_playさんファミリー。寒さ対策ギアの方が豊富なため、暑い時期は避けているのだそう。

そんなスタイルの中でもヴィンテージギアが特に好みだそうで、5人用の大きめコットンテントのほか、のみの市などで買い揃えたギアと組み合わせレトロな雰囲気で仕上げていた。

一方で、リビングを構成していたギアは最近話題のガレージブランドのアイテムがメイン。オールドマウンテンの真空管アンプなど、古いギアとテイストの合うデザインを厳正して使用していた。

また、定番カーミットチェアは細かなパーツまで付け替えたこだわり満載のカスタムが光る。様々な年代のアイテムが置かれていても統一感を感じるのは、スタイルが確立されているからこそだろう。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:カーカムス/スカイライナー
  • テーブル:バイヤーオブメイン/フォールディングテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコス、マウンコル
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ45
  • ジャグ:コーベイ(ヴィンテージ)

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout