ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

ウッディーなサイトで快適に過ごす、贅沢ソロキャン。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 雨が降らない日は、外にリビング・キッチンを作り焚き火を一緒に楽しむ。ヴィンテージモノやウッドギアで統一感のあるサイト。
  • ローテーブルはT.S.L.カブのもの。ひとりで広々使用中だ。イスはリクライニング機能がついたカチャカチャチェア。仕舞いサイズは大きいが、快適さはお墨付き。
  • ウッドボックスには木のプレートを蓋代わりに置き、上にも荷物が載せられる仕様に。また、淵にはシェラカップを引っ掛けるなど、便利な使い方はぜひ真似したい。
  • 焚き火周りはアイアン素材とウッドでまとめていた。焚き火台の上にアイアンクラフトのイザナミハーフを置き、火を使って調理だできるようにしている。
  • 主に秋冬のキャンプで使っているテンティピのサファイヤ9。ファミリーはもちろん、愛犬と行くソロキャンプでも大活躍。
  • 室内に置いた薪ストーブは、テントと同じブランドのエルドフェルストーブ。上部の保護パイプも付くのでそのままインストール可能なのも使い勝手がいい。
  • ヴィンテージのメインヘリテージコット。現行モデルとしても発売されているが、実は古いモデルの方が軽いとのことで、あえてヴィンテージをチョイス。
  • 中華鍋とお玉は打出し製造方法で有名な山田工業のモノ。強火力で有名なスノーピークのバーナーを使い、本格的な中華が楽しめる。

OWNER:T.Oさん

ウッドの素材感が好きというT.Oさんは、コットンテントにウッド、そしてアイアンギアと素材を統一し、まとまりあるサイトを作り上げていた。

いつもはファミリーで来ているキャンプだが、この日は愛犬を連れてのソロキャンプ。タープは使わず、リクライニング機能付きの贅沢なイスでくつろいでいた。

こだわりを感じる焚き火周りは、アイアンクラフトのイザナミハーフを使い調理もできる便利なセット。テーブルも左右にバスケットやボックスを配置したことで使い勝手もバツグン。

テント内には薪ストーブもセットし、冷え込む夜は暖かい室内でゆっくり過ごすそう。地面からの冷え込みをシャットアウトしてくれるコットも導入し、なんとも贅沢な空間だ。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:テンティピ/サファイヤ9
  • テーブル:T.S.Cカブ/フォールディングローテーブル
  • チェア:アウトサイドイン/カチャカチャチェア
  • 焚き火台:スノーピーク/焚火台L
  • ランタン:コールマン/220D
  • ランタン:ベアボーンズリビング/ビーコンライト
  • クーラーボックス:イエティ/ホッパー20
  • コット:バイヤーオブメイン/メインヘリテージコット
  • バーナー:スノーピーク/ギガパワーLIストーブ剛炎
  • ストーブ:テンティピ/エルドフェルストーブ

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout