ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

焚き火が中心にある、初冬のほっこりサイト。(ふもとっぱら@2020.10)

  • 焚き火はタープに火の粉がかからない場所に設置し、家族分のイスで囲んだ団欒のスペースに。
  • サンゾクマウンテンのマウンコルを中心に据えた焚き火周りは、火に強いウッドやアイアン製ギアを中心にセット。
  • ファイヤーサイドのキンドリングクラッカーやアーモボックスなど、男前なギアが並ぶ。ヴィンテージのガーデン用バスケットが薪入れ。
  • ホームセンターで購入した木材を使い、D.I.Y.したラック。S字フックを使い、キッチン道具を吊り下げた。
  • 巻き入れと同様、ヴィンテージのガーデン用バスケットに小物を収納。網目が大きいため、細々したアイテムを入れた小さなボックスをまとめるのに使っていた。
  • イケアのシューズラックにぴったりのサイズで天板を作成し、被せるように載せているそう。手軽にウッドテーブルが完成する。
  • テンティピのジルコンライトは、リップストップナイロンを採用しているため、大型サイズでも軽い点が魅力。内部での焚き火も可能。
  • 男前タープは、正方形のデザインにループポイントが両面に18ヵ所、タープ縁に16ヵ所も付いているのが特徴。さまざまな張り方ができるほか、ランタンを吊るしたりと便利。

OWNER:まこさんファミリー

焚き火を中心に団欒スペースを作っていたこのサイトは、自作ギアやヴィンテージアイテムを多用しどことなくレトロな雰囲気に仕上がっていた。

メインテントのテンティピ ジルコンライトは軽量なシルナイロンを使いつつも、火の粉に強い点が焚き火を楽しみたいまこさんファミリーの強い味方。

また、ウッドギアは火周りに置いて使用可能。また、古いガーデニング用バスケットは、直接地面に置いたり薪などの重さのあるモノも汚れを気にせず使えるなど、まさに焚き火を中心にしたセレクト。

ほかにもイケアのシューズラックをアレンジしたアイテムや、ウッドのオリジナルテーブルなど、必要なものは自作するスタイルも参考にしたいポイントだ。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • テント:テンティピ/サファイヤライト9
  • タープ:テンマクデザイン/男前タープ
  • テーブル:バイヤーオブメイン/イーストポートテーブル
  • テーブル:ヨーラー/メッシュテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • チェア:クイックキャンプ/2人掛けフォールディングベンチ
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル
  • ランタン:ブリティッシュ コール マイニング/マイナーランプ
  • ランタン:デイツ/フュアーハンド
  • クーラーボックス:イエティ/ローディ20、タンドラ 35
  • ジャグ:レリアンス

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout