ふもとっぱら@2020.10

GO OUT CAMPやGO OUT CAMP JAMBOREE の会場としてお馴染みのオートサイトキャンプ場「ふもとっぱら」。残念ながら2020年はイベントを開催できなかったため、GO OUTでは10月を『キャンプ強化月間』として、毎週末テントスナップを敢行!!

冬目前のふもとっぱらでキャンプを楽しむ、おしゃれキャンパーたちのスタイルを一挙大公開!!

Photo/Taizo Shukuri

家族の拠点をすべて詰め込んだ、オールインワンスタイル。(ふもとっぱら@2020.10)

  • ライトブルーのシェルターがサイト全体を明るく見せてくれるが、ギアの多くはオリーブドラブや迷彩柄といった、今流行りのミリタリーテイストのものを多く使用。
  • カーミットチェアはすべてナチュラルマウンテンモンキーの座面に張り替えている。中央のテーブル、メタヘキテは脚を取り外して持ち運びができる。
  • キッチンギアを並べた台は、ネイチャートーンズのジャグ台に、別売のサイドテーブルを両脇に取り付け拡張させたもの。必要に応じて取り付ける枚数を変えられるなど、汎用性の高さも魅力。
  • ミニマルワークスのインディアンハンガーは、MとLの2個使い。この時期はアウターを掛けて置くのに便利。低いハンガーにはバーナーやティッシュ類を引っ掛けている。
  • スピーカーといった小物を置いたのは、韓国のブランド、オーヴィルのアイアン製テーブル。こちらも拡張パーツが多く、使い勝手の良さから愛用者が多い。
  • 日中はコットを端に寄せ、リビングを広く確保。ヘリノックスのコットワンにコットレッグを付けている。軽いため移動もラク。
  • ゴールゼロのライトハウスマイクロに付けた迷彩柄のカバーは、ソルワークスのソルオル。アクリル製のものはボンボネロのもので、ライトが幻想的に光るユニークなアイテム。
  • この日が初張りというシェルターは、個人輸入したプレテントのベアロック。スカートがないシングルウォールのため春〜秋の使用がベストだとか。

OWNER:sachigreengreenさん、 masato1025jpさん

今回は友人家族とグループキャンプを楽しんでいたsachigreengreenさんファミリー。届いたばかりというシェルターをメインに、リビング、キッチン、寝床まで入れ込んだオールインワンスタイルのサイトを構成していた。

シェルターは香港のデザイナーが立ち上げたプレテントというメーカーのものを個人輸入。日中はタープのように壁を張り出しているが、夜は締め切って使用しても家族で過ごす広さは十分確保できる。

今人気のミニマルワークスのハンガーラックなど、使い勝手を向上させてくれるアイテムや、クーラーボックスの台など、細部に至るまでこだわりを感じるチョイスに注目したい。

また室内に置かれたギアはガレージブランドを中心に、珍しデザインのものが多数並ぶのもこのサイトの特徴。特にソルワークスのソルオルや、アクリルを使ったボンボネロのランタンシェードが、サイトを彩っていた。

 

【他にもまだまだ! 2020年秋の最新キャンプスタイル一覧】

 

SPEC

  • シェルター:プレテント/ベアロック
  • テーブル:アナキャン/メタヘキテ
  • テーブル:ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • ランタン:ベアボーンズリビング/レイルロードランタンLED
  • ランタン:ルーメナー
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • コット:ヘリノックス /コットワンコンバーチブル
  • バーナー:イワタニ/焼き上手さんα
  • ストーブ:トヨトミ/ギアミッション
  • ジャグ:イエティ/ランブラー
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ50

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout