GO OUT CAMP 冬 2019

12月14~15日、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP 冬 2019。比較的暖かな気候に恵まれ、全国から集結したキャンパーで大きな賑わいを見せた。ここではキャンパーたちが乗ってきた愛車に注目し、おしゃれなカースタイルを取り上げる。アウトドアに染まったクルマたちは、富士山の麓でより輝きを増した。

Photo/Takuma Utoo Text/Minoru Akiba

フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)

  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)
  • フィールドで映える軍用テイスト(HUMMER/H3)

CAR:HUMMER/H3

OWNER:JET-DAIさん

軍用車両を祖とするSUVブランド「HUMMER」。今回出会ったのは同ブランドの最終モデル「H3」だ。ミリタリーテイストの濃い巨大なボディは、フィールドでも大迫力でよく映える。

こちらのH3は並行輸入の2006年式。「重厚感に魅力を感じました」と話すオーナーは2010年に手に入れ、以来、大したトラブルもなく乗り続けている。燃費は想像よりも良く、5.5km/Lは走るそうで、さらには「車幅はありますけど、思ったより取り回しがいいですね」と意外な事実を。H3の最小回転半径は5.6m、車体サイズの割には市街地で運転しやすいらしい。

オーナーのこだわりは、タイヤ。車体とのバランスを追求した結果、315/75R16というサイズに行き着いた。もちろんライトトラック用で、YOKOHAMA製。「国産タイヤの方が長持ちしますね。ゴムの質が日本の気候に合わせられているんでしょう」とのことだ。

リアにはCHUMSのステッカーが貼られているが、これには「あまりいかつく見られないように」という狙いが。愛犬とのキャンプに出かけるクルマらしく、お茶目な感じを演出している。

オススメアイテム

その他のGO OUT CAMP 冬 2019

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout