GO OUT CAMP 冬 2019

12月14~15日、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP 冬 2019。比較的暖かな気候に恵まれ、全国から集結したキャンパーで大きな賑わいを見せた。ここではキャンパーたちが乗ってきた愛車に注目し、おしゃれなカースタイルを取り上げる。アウトドアに染まったクルマたちは、富士山の麓でより輝きを増した。

Photo/Takuma Utoo Text/Minoru Akiba

大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)

  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)
  • 大型キャリアでエッジの効いたボディを強調(SUZUKI/Jimny)

CAR:SUZUKI/Jimny

OWNER:terateradaysさん

2019年のWCOTY(ワールドカーオブザイヤー)で「ワールドアーバンカー」を受賞した四代目「ジムニー」。世界的に評価されるデザインは、もちろんキャンパーにも大人気だ。

仕事上の都合により、これまでクルマを所有しなかったオーナー。このジムニーが初めての愛車だ。「角張ったデザインとアウトドア仕様の雰囲気が気に入りました」と話す通り、ルーフ全体を覆うTUFREQのキャリアでエッジの効いたボディを強調し、また旧型ジムニーをモチーフとしたフロントグリル(純正オプション)により、武骨なアウトドアテイストを演出している。

カラーは愛嬌の感じられるベージュを選び、テントサイトとの統一感を狙った。家族で月に2回はキャンプしているそうで、大型キャリアで積載量をアップさせたジムニーは、荷物のかさばる冬キャンプで頼もしい存在だ。

「外で過ごすと気持ちいいし、ゴハンがおいしいですよね」と話すオーナーだが、それは家族全員の一致した意見。キャリアにはもう1つコンテナを増やせるそうで、来年はさらに凝ったテントサイトで参加してくれることだろう。

 

オススメアイテム

その他のGO OUT CAMP 冬 2019

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout