GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • モダンシェルターmeets昭和レトロ、コタツ使用のお茶の間カンガルー。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:青木健太郎さん、千佳さん、寧々ちゃん、空也くん

通り過ぎて、思わず自然と2度見した、シェルター内でコタツを囲むご家族4人。聞けばこちら、ただ丸テーブルにラグをかけただけのルックコタツではなく、中はしっかりポカポカのガチコタツだとか。その仕組みは後述するとして、そんな昭和レトロなお茶の間の団らんを、最新の注目シェルターの中で展開する無国籍スタイルがなんとも粋。

インナーテントにコディアックキャンバスを選ぶ辺りからも、自分たちなりの選択基準をしっかり持っていることが垣間見える。子どもたちも我が家のように寛いでいた。

丸テーブル自体は自宅にあったものを流用しつつ、内側にはミツウロコの豆炭コタツキットを設置。豆炭を収納する火床を入れて使用する遠赤外線が体を芯から温めてくれるそう。

また、石油ストーブはトヨトミの限定色ブラック。天板に付けた熱を電気に変えて作動するファンで、空気の対流がさらに向上するそう。ほか防寒対策として、定番のカーミットチェアもペンドルトンのボアカバーを掛け冬仕様に。

ほかにもシェルター内を見渡すと、高騰するカーカムスさながらのレトロ感が楽しめる、コディアックキャンバスのテントをインナーに選択。とはいえ大人1子ども2が限界なので、誰かひとりは外でコットで寝ることになるそう。

2段仕様のキッチンラックには、旦那さまのお手製。職業柄アイアンの溶接や加工ができるそう。対して道具類は奥さまの世界観強し。コベアのコンロやイッタラの鋳鉄鍋など、グッドデザインのモノが並べられた。

 

SPEC

  • シェルター:サバティカル/スカイパイロット
  • テント:コディアックキャンバス
  • テーブル:自作
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:アシモクラフト
  • ベンチ:アウトプットライフ
  • クーラーボックス:ドメティック
  • ストーブ:トヨトミ
  • バーナー:コベア/キューブ
  • コジャグ:イグルー

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout