GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • コンパクトサイズのテントを使った、熟れ感満載のレイアウト。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:epitaphさん

冬キャンプといえば登場する機会が増えるコットン製のワンポールテント。その中でも最高峰ブランドと言っても過言では無いテンティピだが、特に薪ストーブの使用を前提に作られたのがこのサファイヤシリーズ。煙突ポートが付くためそのまま薪ストーブがインストール可能。小さめサイズを選ぶことで、室内がすぐ温まるようにするのもベテランならではのセレクトだろう。

テント外に設置した焚き火スペースは、火の粉に強いコットン製タープをチョイス。後方が壁のようになるよう張り、風除けとしての役割も果たす。めずらしい焚き火台は韓国ブランドのもので、6枚の板を組み合わせて形を作るユニークなギミック。収納時のコンパクトさだけでなく二次燃焼するため片付けも簡単な点がお気に入り。

室内は大人2人のコットを入れると快適なサイズ感。暖房ギアはGストーブを入れているが、小さめサイズのテントなので十分暖かいそう。コットは比較的小さいサイズのカタディンコットを入れ、残りはリビングスペースとして活用中。外で焚き火を楽しんだ後は、室内に戻りしっぽりお酒を楽しむ、といった大人な時間を過ごせそう。

SPEC

  • テント:テンティピ/サファイヤCP5
  • タープ:ソトラボ/コカゲタープ
  • テーブル:ブラックデザイン/ハレテーブル
  • テーブル:キャンプマニアプロダクツ/コンパクトミッドテーブルM
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:ウッドアンドバーン/TLUDランドマーク
  • ランタン:ディトマ/509
  • ランタン:ジェントス/エクスプローラ
  • コット:バイヤーオブメイン/カタディンコット

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル