GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 愛しさと無骨さとギア好きらしさで、我が子を包む新米パパママキャンパー。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:TAKAさん、mannie_campさん

寒さ厳しい12月のふもとっぱらといえど、シェルター内にこもらずアウトドアリビングを満喫する、ご夫婦&1歳キッズのファミリキャンパー。焚き火ピットを備える外リビングのすぐ脇に陣幕を設置し、冷たい木枯らしから大切な家族と火種を守る構成に。

シェルター内にはモフモフのあったかラグを敷き、まだハイハイのお子さんも自由に動き回れるスペースを確保。シェルターの入り口を立ち上げる真ん中1本のポールを二股に換えることで、構造上の弱点を克服したアイデアは秀逸。清々しい冬の青空が似合う素敵家族でした。

シェルター開口部のセンターポールは、DODの二股エクストラポールにチェンジし、スムーズに出入りができるようカスタム。前室部分は清潔感ある広いお座敷に。インナーテントはサバティカル純正のもので、3人家族には十二分な広さだそう。

室内の暖房に使用しているフジカハイペットには、ストーブガードがマスト。またサブストーブにアラジンの反射式をチョイスした。

外には風防としても目隠しとしても機能する陣幕を設置し、夜は焚き火を楽しむそう。無骨なブラックアイアンで統一され、焚き火台には人気のサンゾクマウンテンのアイテムを多用。

焚き火台はマウンコルとマウンコスのサイズ違いを持ち出すなど、こだわりを感じられるギアセレクトだ。置いていたカーミットチェアも、ウォルナット素材のほか、座面をマウンテンリサーチ のものに張り替えオリジナリティを出す。

SPEC

  • シェルター:サバティカル/モーニンググローリー
  • 陣幕:テンマクデザイン/ジンマク
  • テーブル:ハイランダー/ウッドロールトップテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル、マウンコス
  • 焚き火ラック:アイアンクラフト/イタダキ
  • クーラーボックス:イエティ/タンドラ45QT
  • バーナー:プリムス/オンジャ
  • ストーブ:フジカハイペット、アラジン

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout