GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • シェルターの中と外、目的別のサイト構成。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:kazuさん、satoさん

ヒルバーグのアルタイをカンガルースタイルの寝室として使い、外には焚き火を楽しむための充実したスペースを展開していたkazuさんのテントサイト。火にも強いウッド製テーブルを中心に置き、焚き火台と小物を入れたコンテナを両脇にセット。このまま移動せず小物を取り出しながら調理もできる便利な配置。夜はそのまま焚き火台以外を室内に入れリビングにするんだとか。

約6年前に購入したというユニフレームの焚き火台は、アイアンクラフトのイザナミを上に置き暖を取りつつ調理できるような組み合わせでセット。サンゾクマウンテンのショックにはマウンテンリサーチのメッシュバッグを下げ、燃料系のアイテムを入れ取り出しやすく。座ったままでも様々なギアが取り出せるような配置はぜひ参考にしたい。

室内はフライを外したMSRのテントを入れ、寝室にしていた。夜は残りのスペースを前室代わりに使い、焚き火ギア以外を入れ込みリビングに使う。フジカハイペットを付け暖を取り、寝る際は消しているそう。隙間のないアルタイだが、やはり床が無いため足先が冷えてしまう。そこでユニフレームのワーム2も持参し、足元を温めているとか。

SPEC

  • シェルター:ヒルバーグ/アルタイ
  • テント:MSR/エリクサー2
  • テーブル:バイヤーオブメイン/パンジーン バレーロー ロールトップテーブル
  • チェア:ホリデーインザマウンテン/アナルコチェア
  • 焚き火台:ユニフレーム/ファイアースタンド
  • バーナー:イワタニ/カセットフー マーベラス
  • ジャグ:イグルー
  • ランタン:ティリー/ヴィンテージ
  • クーラーボックス :アイスランドクーラー、F/CE./ソフトクーラー

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル