GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 同モデルを2連結させた、ファミリー必見の温いサイト。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:ひげ男ファミリーさん

ヒルバーグのドーム型テント、アトラスを2張繋げていたファミリーサイトを発見。専用コネクター と専用の前室、ベスタビュールも完備した贅沢仕様だ。さらに室内を覗いてみると前方にはリビングを、後方には純正インナー、インナー8を取り付けた寝室となっていた。冷え込みが厳しい朝夕は少しでも室内で行動したいところ。

こちらのサイトの様に同モデルを2つ接続すれば移動の心配もなし。家族4人と愛犬2匹の大人数でも、安心して冬キャンプを楽しめるレイアウトはぜひ参考にしたい。

外にはTheArthの六角テーブルと、中央にサンゾクマウンテンのマウンコルを置き、焚き火を囲むスペースを確保。左右に置いたランタンを下げたハンガー、ケトルを置くためのテーブルもともにサンゾクマウンテンで統一している。また焚き火用に使用したチェアはダイスのククチチェアを2脚セット。こちらのチェア、焚き火ギアを購入したイルビフにオーダーし、特別にショップの名前が入っている特別仕様なんだとか。

リビングで使用していたのは、韓国発オーヴィルのラウンジテーブル。スノーピークのフラットバーナーが入る枠が付き、延長用の脚をつけるとテーブルが拡張できるという優れもの。これがあれば調理台をわざわざ設置する必要もなさそうだ。

ほかにもラックとして使用しているアイアンクラフトのイザナミの下に尾上製作所のラックを2段にして入れることで、限られた室内でも最大限に収納できるような工夫が。

暖房にはトヨトミのKS67Hを、寝室用にフジカハイペットを持ち込んでいた。リビングにはマキタのサーキュラーを置くことで暖かい空気を循環させているそう。このほか、カーミットチェアに専用クッションを置き、地面からの冷えを防いでいるが、こちらのクッションは偶然ジャストサイズのものをネットで見つけたというアイテムだ。

 

SPEC

  • テント:ヒルバーグ/アトラス
  • チェア:カーミットチェア
  • ベンチ:キャプテンスタッグ/アルミ背付きベンチ
  • テーブル:TheArth/シマ次郎、ヘキ男
  • テーブル:オーヴィル/ラウンジテーブル
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル
  • ランタン:クレイモア
  • コット:ヘリノックス/タクティカルコット
  • ジャグ;スタンレー
  • クーラーボックス :アイスランドクーラーズ

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル