GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 見所満載!工夫を凝らしたドーム内の配置に注目。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:ルームスさん、ゆみさん

冬用幕として知られるようになった、ノルウェー発のヘルスポートのバランゲルドームを使い、お篭りスタイルでキャンプを楽しんでいた夫婦。キッチン、リビングのほか寝室に暖房ギアまですべてを集約するため、ボックスをテーブル代わりに使うほか、火に強いステンレス製テーブルをストーブ周りに配置するなど、工夫されたギア使いが光るサイト作りは必見だ。

Gストーブの周りを囲んでいるのは、スノーピークのジカロテーブル。食事をすることも、ステンレス素材なので熱いヤカンや鍋をそのまま置くことも可能。ほかにも船上で使用するためのアルコールストーブ、オリゴのヒートパルも持ち込んでいた。倒れても引火しないそうで、寝るときに使用しているそう。

リビング奥に置いていた黄色い脚のラックは、実はアメリカのD.I.Y.キットを2枚使ったものだとか。ほかにもめずらしいギアが多く、天井から吊り下げたサーキュレーターは韓国発、クレイモアのもので夏は脚を取り付け扇風機としても使えるもの。外で使っていた焚き火台はフィービーというブランドの円形状のもので、煙突効果でよく燃えるそう。

SPEC

  • テント:ヘルスポート/バランゲルドーム8.10
  • テーブル:スノーピーク/ジカロテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • スツール:ネイタルデザイン/EIスツール
  • 薪ストーブ:Gストーブ
  • ランタン:クレイモア
  • コット:ヘリノックス/タクティカルコット
  • 焚き火台:フィービー/フィービーストーブ
  • 焚き火ラック:ソマビト/パラレール
  • バーナー:ファイアーメープル

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout