GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • ハイスペックの幕が主役。シンプルでも目を引くカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:Shige-circleさん、mika0524maruさん、shizukuさん

大きなシェルターの中に入れ込んだアラックのレッド&イエローが目を引く、カンガルースタイルのサイト設営。暖を取るアイテムは石油ストーブとカセットガスストーブを併用。自作のストーブガードはストーブの操作がしやすいように柵を一部抜いていたり、上部には調理器具を置いたり引っ掛けたりなどができるように工夫がされている。

ファブリック系はカモ柄で統一し、キッチン周りは最小限に。それぞれのギアに合う小さな折りたたみ式テーブルを台にしているので見た目もスマート。

イワタニのマイ暖は足元を暖めるのに活用している。メイン暖房には日本船燈(ニッセン)のSW3。窓がパンチ穴ではないモデルは珍しい。ストーブガードは自作。フライパンを置いたりギアを掛けたりできる仕様になっており使い勝手も◎。

また、シェルター内の暖気を循環させるため、ストーブの上にエコファンを置いているほか、シェルターのポールに充電式扇風機を取り付けている。

ヘリノックスのシェルターは家族3人が寝られるテントを入れてもまだ余裕がある。日中は一部オープンにして適度な開放感を確保。日没後は全面閉じるが石油ストーブはそのまま使えるのがシェルターの利点。寝床に使ったのはヒルバーグのアラック3。家族3人で寝るのにぴったりサイズ。

 

SPEC

  • テント:ヒルバーグ/アラック3
  • シェルター:ヘリノックス/Tac.フィールド6.0
  • テーブル:ハイランダー/ウッドロールテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • ヘリノックス/スイベルチェア
  • キャプテンスタッグ/アルミ背付きベンチ
  • クーラーボックス:AOクーラーズ/24パックキャンバスソフトクーラー
  • バーナー:イワタニ/カセットフーマーベラス
  • 油ストーブ:日本船燈/SW-3

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout