GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • 即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 即完シェルターと新作インナーで作る、ドメスティックカンガルースタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:deli_.n_h._lifeさん

人気アウトドアショップ、エイアンドエフのプライベートブランドとして注目を集めるサバティカル。今回の冬のGO OUTキャンプでも多くのギア好きたちに選ばれていたその注目のラインナップの中でも、フラッグシップに位置するスカイパイロットを使用。そこにテンマクデザインの新作インナーテントを。

この構成だけでアンテナの高さが伺い知れる情報通のおふたりは、シェルター内のレイアウトも効率的。極力デッドスペースをなくすよう考えられた、快適な空間を楽しんでいた。壁際に寄せた薪ストーブの位置取りも秀逸である。

シェルター内はリビングを中心に、左にはストーブを、主に日中過ごすというリビングではカーミットチェアにコストコ生まれのムートンをかぶせて、ヌクヌクあったか仕様に。壁側にはキッチン用品などを一箇所にまとめて配置。

動線を保ちリビングスペースを広く確保するための、モノ持ちキャンパーの常套テクニックだ。炭酸サーバーを持ち込み、ウィスキーボトルにポンプヘッドを取り付け、常に美味しいハイボールが飲み放題。

左に置かれたストーブスペースでは、冬キャンプの定番、Gストーブをセレクト。ストーブを囲むようにヘキサテーブルを置いているが、天板を六角形にせず半円状に工夫してストーブガードとしても機能させている点にも注目したい。夜はこのテーブル前にイスを移動させ晩酌するとか。

右側に配置された寝室には、この秋冬シーズンより新たにテンマクデザインのラインナップに加わった、フライシートを持たないカンガルースタイル専用のモノポールインナーテントをひとつずつ使用。

互いの就寝を邪魔しないというだけでなく、テント内が超コンパクトなので、就寝時にストーブを切ってもそれほど冷えが厳しくならないという利点も。コロナの石油ストーブをサブストーブとして寝床近くに置き、起き抜けなどすぐ暖まりたい場合などに活躍する。

SPEC

  • シェルター:サバティカル/スカイパイロット
  • テント:テンマクデザイン/インナーテント
  • テーブル:ゼロデイ/ドーナッツテーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • ランタン:ベアボーンズリビング/エジソン ストリングライトLED
  • ランタン:ルーメナー
  • クーラーボックス:オルカクーラーズ
  • ストーブ:コロナ
  • 薪ストーブ:Gストーブ
  • バーナー:ブリン

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout