GO OUT CAMP 冬 2019

2019.12.14〜12.15@ふもとっぱらキャンプ場
第4回目の開催を迎え、冬の恒例行事となったクリスマスキャンプイベント「GO OUT CAMP 冬」。2日間延べ4,361名と過去最高の動員を記録し、冬のふもとっぱらに2019年も多くのキャンパーが集結。中でも目を引くおしゃれな冬キャンプスタイルを拝見しました。
Photo/Taizo Shukuri
Text/Satoshi Yamamoto、Mihoko Odamaki

足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-

  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-
  • 足しすぎず引きすぎず。経年変化したギアの存在感が光るモノトーンスタイル。-GO OUT CAMP 冬 2019-

OWNER:ヒロユキさん、エミコさん

大きなコットンキャンバス地のテントにブラック系で統一されたシンプルな焚き火ツールのほか、ヴィンテージランタンをさり気なくレイアウトしたサイト。カーミットチェアに合わせたムートンなどセレクト、レイアウトともに熟れ感がある。冬の富士山を思わせるような真っ白なベルテントはコットンキャンバス製で、直径5m、床面積19.6m²の贅沢な空間。

室内に設置したフロンティアストーブにはペレットシステム、スノーピークの焚き火台の上にアシモクラフトの風防、アシ_サークルを合わせるなど機能性アップのための工夫も。テントの中は大きなフロアにラグを敷き詰め、ミニキッチンとリビング、寝床が効率よくレイアウトされている。

フロンティアストーブにペレットシステムをセッティング。満タンにしておけば寝ている間は自動的に補給しながら燃え続けてくれる。煙突用の穴は自分であけ、フロンティアストーブの純正パーツ、フラッシング キットを設置。

一方、TheArthのテーブル、クミ次郎ンドルのセンターにはトヨトミストーブのギアミッションをセット。上にはエコファンを置いて暖気を効率よく循環させている。

テント内のフロア全体にはラグを敷き防寒対策。寝具はエアマット、ベッドマット、寝袋、毛布を活用し、ストーブなしでも夜は暖かいとか。脇に置いたハンガーラックはミニマルワークスのインディアンハンガーLサイズ。これで嵩ばる冬用ダウンなどもキレイに保管できるように。

また、キッチンも室内に入れ込んだスタイルで、テーブルは196のもの。下にはアマゾンで購入したギアコンテナがぴったり収まっている。

SPEC

  • テント:キャンバスキャンプ/シブレー500
  • テーブル:TheArth/クミ次郎ンドル
  • ユニフレーム/焚き火テーブル
  • チェア:カーミットチェア
  • 焚き火台:スノーピーク/焚火台L
  • ランタン:ルーメナー/ルーメナー2、ルーメナー7
  • クーラーボックス:アイスランドクーラー
  • バーナー:コベア/キューブ
  • ジャグ:ミンテージ

その他のcamp

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout