GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

大人気の大型シェルターと、レトロなテントに視線が集中。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • 大人気の大型シェルターと、レトロなテントに視線が集中。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • 人気の理由を納得できる美しいフォルム。2016年に復刻して再販売されたが、即完売したほど現在も根強い支持を得ている名作シェルターだ。大型の割に設営が簡単で、この日は両翼を広げて風通しをよくしていた。
  • キャプテンスタッグのアルミ背付ベンチにアナルコマウンテニアーズのカバーを付けて洒落感アップ。中央には持ち運びに便利でサイズ感もちょうどいいハイランダーのウッドロールトップテーブルを配して、ウッドのテイストを確固たるものに。
  • コーナンのオリジナルラックを分解し、スケートボードデッキを乗せてサイドテーブルに。このD.I.Y.のアイデアは参考にしたい。下段にはアナルコマウンテニアーズのステッカーを貼り、ブランド品さながらの見た目に。
  • 風に影響されやすいのが難点だが、シンプルなデザインがどんなサイトにも溶け込むプリムスの2バーナー。料理はイワタニの焼き上手さんαを使っている
  • 中央と左の台はコフランのヘビーデューティーキャンプグリル、右は『ナフコ』のオリジナル。低めのラックを使うことで、天井の高さを引き立てている。クーラーボックスの淡いブルーは程よい主張で、うまく馴染ませることに成功。
  • L.L.ビーンのバッグはヴィンテージもの。ボディカラーはリビングのアクセントカラーになっているレッドで、カタディンロゴが目を引く。
  • 手前はシエラデザインズ、奥がREIのテント。ともにレトロなモデルで、リサイクルショップやフリマサイトで集めたそうだ。独特なフォルムで存在感があり、バイカラーのポップな色味もナイス。サイトの個性を演出しているキーアイテムだ。
  • こちらのテントはザ・ノース・フェイスのトレイルヘッド8。リリース初期に展開されていたかわいらしい配色で、オークションにて購入した。絶妙なカラーリングがサイトのポイントになっている。
  • ガレージブランドを中心に集めた焚き火のギア。火吹き棒は、野良道具製作所の分解できるファイヤーブラスター。サンゾクマウンテンのデルタスとアナキャンのメタヘキテをテーブルにチョイスした。

OWNER:shin__campファミリー

大人気の大型シェルターMSRパビリオンでくつろいでいたshin__campファミリー。独特なフォルムは唯一無二で、さまざまな張り方ができるため、どんなスタイルのキャンプにもマッチする高い汎用性が魅力のシェルターだ。ツーポールのシンプルな構造ながら最大で16人も収容できる広さは快適で、冬場はカンガルースタイルに使うこともできる。現在は廃盤となっているため憧れているキャンパーも多い名作だ。

shin__campファミリーはパビリオンの中にリビングを設営し、春の日差しを回避した快適な空間を創出。ゆとりのあるスペースと高い天井は、開放感を味わうことができ、吹き抜ける風が心地いい。

ウッドベースのナチュラルなカラーでまとめたギアもシェルターに似合っていて、随所に配した小物がアクセントになっている。その横に佇むテントは個性的なカラーで3張り。レトロでポップな色合いがシェルターに際立ち、楽しい気分を盛り上げてくれる。

SPEC

  • テント:ザ・ノース・フェイス/トレイルヘッド8、シエラデザインズ/オメガ、REI/ナイトライト
  • シェルター:MSR/パビリオン
  • テーブル:アナキャン/メタヘキテ、ハイランダー/ウッドロールトップテーブル
  • イス:カーミットチェア、アナルコマウンテニアーズ/アナルコチェア、キャプテンスタッグ/アルミ背付ベンチ

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout