GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

ミリタリーにウッド×アイアンギアをプラスして、無骨すぎないサイトを演出。( GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • ミリタリーにウッド×アイアンギアをプラスして、無骨すぎないサイトを演出。( GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • トンネル型の自立シェルターは話題の最新モデルのE-ハンガー。3×4.35×2.2mというサイズで広大な空間を作り出してくれる。
  • 両サイドには出入りと換気を兼ね備えた開閉可能なハーフ窓も装備し、居住性も申し分なし。シーズンを選ばず活躍してくれるはず。
  • ヘリノックスのタクティカルフィールドオフィスを寝室のテーブルに利用。サイドのウッド天板を自作し使い勝手をアップ。
  • キッチンテーブル上はナチュラルなトーンでコーディネート。フェデカのディッシュスタンド、スパイス類をしまうウッドのボックスを使いスペースを有効活用。
  • キャンプマニアプロダクツのファイアーハンガーのポールに、ネストでオーダーしたフック付きハンガーをセット。
  • ラックとキッチンテーブルは大阪にて家具を作成するネストにオーダー。作業のしやすさを考え、好みの高さに合わせて製作してもらった。

OWNER:アキさん、ユキさん

こちらのデュオキャンプのサイトでは、存在感大のヘリノックス×ネイバーフッドの巨大なシェルターを広々とした寝室として利用。オリーブドラブカラーのこのシェルターを筆頭にリビングにはミリタリーテイストのギアも散見されたが、ウッドとアイアン素材のギアをメインにセレクトし、無骨すぎない印象にまとめていた。

そんなギアのなかでも目を引いたのは、キッチンテーブル、ラック、リビングに置かれていたサイドテーブルというファニチャー類。これらは大阪をベースにウッドとアイアンを用いた家具を製作しているネストにオーダーしたものだそうで、サイトの統一感を生むのに大きく貢献していた。もちろんサイズもキャンプスタイルに合わせ作業しやすい高さで作ってあるので使い勝手も言うことなし。

ほかにも、アイアンのランタンハンガーや雑貨屋で購入したというウッドのボックスなどを使い、スタイリッシュな雰囲気が漂うサイトに仕上げている。

SPEC

  • シェルター:ネイバーフッド×ヘリノックス/E-ハンガー
  • テーブル:ヘリノックス/タクティカルテーブル、ネスト/オリジナル
  • チェア:カーミットチェア、ヘリノックス/タクティカルサンセットチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコス
  • ランタン:ヴェイパラックス/M320、プリムス/IP-2245A、アドレイク/レイルロードランタン

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout