GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

世界150張り限定のコラボテントを中心に、センス溢れるギアセレクトでサイトを構築。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • 世界150張り限定のコラボテントを中心に、センス溢れるギアセレクトでサイトを構築。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • ホリデーインザマウンテンのカバーで張り替えたイス。クリーンな印象のホワイトの生地とクマリースのデザインがポップで柔和なイメージを紡ぐ。持ち運びに便利なフォールディング型のテーブルも同ブランドのもので、隣に置いたオットマンはサイドテーブルとして利用する。
  • ゴールゼロのLEDランタンを優しい光に変えてくれるソノヒ暮ラシのキノコノアカリ。シェード部分はポーチとなり、設置するまでゴールゼロなどを収納できる利便性の高さがポイント。こちらはサイトのテンションに合わせてカラーオーダーしたもの。
  • イーグルプロダクツのキャンプファイヤーケトルにドリップノズルを装着してコーヒーを抽出。キッカーランドの折り畳み式ワイヤードリッパーを使用する。CB缶にもホリデーインザマウンテンのカバーを装着。
  • エニウェアチェアのスツールに、REIのクーラーボックスとアメリカン・アンティークのロッカーバスケットを配置。『カウブックス』のボックスには、すぐに使わない小物やキッチン周りのものを収納して、サイトをすっきりとした見栄えに。
  • マムートのロゴが入り、ナンバリングも表示されるスペシャル仕様のサイボ。販売前、実際に雪山で150張りすべてがフィールドテストされた。その様子はYouTubeにもアップされているので、このテントが張られていた位置を確認できる。
  • 遮光性の高い透湿防水素材を使用し、名前の通り真夏の炎天下でも涼しく快適に過ごせるソトラボのコカゲウィング。流れるような曲線が美しく、テントに引けを取らないほどしっかりと主張。

OWNER:gishioさん、chinaさん

キャンプ場の緑に映える真紅のテントは、世界トップクラスのアウトドアブランド、マムートの設立150周年を記念し’12年にリリースされたヒルバーグとのコラボモデル。なんと世界150張り限定で発売されたもので、日本国内では未展開。過酷な雪山にも耐える本格的なスペックはキャンプ場でも高いポテンシャルを発揮する。そんな激レアのテントを主役にしているのが、gishioさんとchinaさんのサイトだ。

高機能かつ目を引くルックスのテントに対し、ほかのギアはウッドを中心としたナチュラルなテイストで、ホリデーインザマウンテンのアイテムが多め。さらには中目黒にある書店カウブックスのウッドボックスや、アンティークショップで入手したロッカーバスケットなどに注目したい。それらの秀逸なデザインでファッション性もフォローし、主役であるテントに花を添えているのだ。

吟味されたギアによって無駄のないオシャレなサイトが完成したのは、セレクトする当人たちのセンスがあってこそと言える。

SPEC

  • テント:マムート×ヒルバーグ/サイボ
  • タープ:ソトラボ/コカゲウィング
  • テーブル:ホリデーインザマウンテン/アナルコテーブル、ホリデーインザマウンテン/オットマン
  • イス:カーミットチェア
  • ランタン:ユーコ×ホリデーインザマウンテン/キャンドルランタン、ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ
  • ジャグ:イエティ/ランブラー

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout