GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

グランドシートメーカーが作る、ハイスペックなタープを中心にサイトメイキング。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • グランドシートメーカーが作る、ハイスペックなタープを中心にサイトメイキング。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • リビングのファニチャーはホリデーインザマウンテンでセットアップ。手前2脚のカーミットチェアもジャケットを換装し、爽やかな白で統一。手前のフリップテーブルはエクステンションを付け高さを調整し使いやすく。
  • ホリデーインザマウンテンのアナルコランタンを並べるのはその名もSK8テーブル。ウッドの家具で人気のペレグリンデザインファクトリーとアパレルブランドアレキサンダー・リー・チャンのコラボギア。
  • イエティのバケツにはユーティリティベルトを付け収納力アップ。
  • スノーピークのコンテナ、イエティのクーラーボックス、ザ・ノース・フェイス・スタンダードのソフトコンテナは、ユニフレームのフィールドラックを用いて一括整理。シェルコンにはh&oの天板とサイドバッグを装着。
  • マグカップ、テーブル、OD缶のカートリッジジャケットもホリデーインザマウンテンでコーディネート。
  • シェルターは、1951年創業の老舗ブランドヘルスポートのバランゲルドーム。フロントのすべてのジッパーを開けば野外にいるような開放的なスペースが確保できる。また天井には煙突を付けるスペースが設けられており、煙突付き薪ストーブなどもインストール可能。
  • テーブルにはバリスティクスのトラッシュ&ストレージフレームジャケットを取り付けゴミ袋を目隠し。

OWNER:しゅうさん、ともさん、りんくん、ちぃちゃん

100%防水、かつ難燃性素材を使用したグランドシートが人気のマックアウトドア。オーダーメイドまで請け負うメーカーとして2008年にスタートした韓国発のアウトドアブランドで、そのクオリティが厚い支持を集めている。同ブランドが手がけるタープのマックワンは、グランドシートのノウハウが十二分に活かされた機能性が魅力。防水性、難燃性に非常に優れ、品切れ状態が続くほど近年人気上昇中だ。

こちらのしゅうさんのサイトは、そんなマックワンをいちはやく導入済み。ヘルスポートのテントに合わせグリーン系をチョイスし、サイトをコーディネートしていた。

またギアに多く取り入れられていたのはホリデーインザマウンテンのアイテム。ローワーチェア2脚とジャケットを換装したカーミットチェア2脚は、あえてホワイトで揃えるという上級テクも垣間見える。ほかにもセンスが光るギアがセレクトされているので、ぜひチェックしてみてほしい。

SPEC

  • シェルター:マックアウトドア
  • タープ:マックアウトドア
  • テーブル:ホリデーインザマウンテン/フリップテーブル
  • チェア:カーミットチェア、ホリデーインザマウンテン/ローワーチェア
  • ランタン:ユーコ×ホリデーインザマウンテン/キャンドルランタン、ゴールゼロ/ライトハウスマイクロ

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout