GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

アイテムで重量感を払拭した、スタイリッシュなブラックなサイト。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • アイテムで重量感を払拭した、スタイリッシュなブラックなサイト。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • どの角度から見てもカッコよく、シンプルで飽きのこないデザイン。フラップはメッシュスクリーンの2重構造なので、虫の侵入を防いでくれる。
  • リビングスペースの床にはコールマンのマットを敷き、靴を脱いでリラックス。寒暖差が激しい春キャンプなので、トヨトミのレインボーストーブも活躍する。サイトに合わせてシックなブラック×グレーをチョイスした。
  • テントの前室にもマットを敷いて、憩いのスペースに。開放的だがプライベート感のある空間は、ゆっくりと過ごすには最適だ。53Lのソーのコンテナをテーブルとして使用。使わないものはすべてボックスにしまってある。
  • インナーテント内がこちら。家族3人では十分すぎる広さで、トップにベンチレーションが備わっているので熱気や湿気の調整ができ、快適に休むことができる。UV加工が施されるため日差しが強い日でも安心だ。入り口にはポケットが付いていて小物の収納にも困らない。
  • ランタンは子どもが危なくないLEDタイプをセレクト。デザイン性の高いものを選んでいる。ウッド製のアイテムは室内に配置した。
  • 調理台として使っているのはコールマンのミニテーブルプラス。昔からの愛用品で、ここにもネイティブ柄が。プリムスで人気の2バーナー、オンジャで料理する。
  • ポールの足元にはソーラーLEDライトをセット。暗くなってもぶつかることなく安全だ。
  • テーブルの上に置いているかわいらしいミニチュアのワゴンは、ティッシュケースとして使用。それ以外に調味料入れとして使うこともあるとのこと。

OWNER:H.Uさん、Y.Uさん、N.Uくん

Uさんファミリーが家族団らんのひと時を過ごすのは、ブラックのギアでまとめたサイト。アカ抜けたサイトを目指すなら、ぜひ参考にしたい好例が詰まっている。

どうしても無骨な重量感を漂わせてしまうブラックだが、ネイティブ柄を効果的に取り入れたことで抜け感が生まれ、スタイリッシュに昇華

。リビングスペースにウッド調のギアを極力置いていないのも、洒脱な雰囲気の演出に一端を担う。

サイトの軸となっているテントとタープは、ムラコの人気ギアたち。テントのジズ5Pは最大5人が寝られる広さのインナーテントを有し、前後左右の4方向から出入りできる。前後のフラップは2重構造で、跳ね上げれば開放的な空間となり大人も子どもものびのびと過ごせる。

タープのオクタ4ブラックはデュオから4名程度のグループキャンプに最適なサイズ。軽量かつ高強度の生地のほか、なによりアレンジしやすい8角形のフォルムがサイトのスタイリッシュさを加速している。

SPEC

  • テント:ムラコ/ジズ5P
  • タープ:ムラコ/オクタ4ブラック
  • テーブル:オーヴィル/ラウンジワイドテーブル、コールマン/ミニテーブルプラス
  • イス:コールマン×ビューティ&ユースユナイテッドアローズ/リラックスフォールディングベンチ、キャプテンスタッグ/CSブラックレベルアルミ背付ベンチ

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout