GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

希少性の高い大型テントに、男心をくすぐる要素が満載。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

GO OUT編集部

OWNER:まさやんさん、いわもとゆうとさん

ソリッドな黒い大型テントが2張り並んでいるかと思えば、ともに滅多にお目にかかれない希少品。左のトンネル型テントはヒルバーグのケロン3GTミルスペック。軍需品のため流通することが少なく、ミリタリーと希少性の高さに心をくすぐられる。ヒルバーグにはミルスペックのテントがいくつか存在するが、特にケロン3GTのミルスペックは珍しい。

そして隣のドーム型テントは、中国のブランド、フリースピリッツのロボテックで、今年4月にリリースされた日本リミテッドカラー。なんと15張り限定という貴重なもの。

日本特別仕様として4ヵ所の出入り口とベンチレーションにメッシュが搭載されているので、虫の侵入を防ぎ室内の温度と湿度を調整しやすい。内側にはUVカット加工が施され遮光性が高く、夏でも快適だ。収容人数は最大10人で、悠々と過ごせる。とにかく単純にブラックの大型テントがカッコよく、男心を刺激してくれる佇まいだ。

SPEC

  • テント:ヒルバーグ/ケロン 3GT ミルスペック、フリースピリッツ/ロボテックドーム
  • テーブル:TheArth/クロシマ次郎、ノラズ/サイドテーブル、h&o/チャブコ
  • イス:カーミットチェア、ペレグリンデザインファクトリー×バリスティクス/エクディシスベンチ
  • 焚き火台:アナキャン/ファイヤーウォール
GO OUT編集部

その他のGO OUT CAMP vol.16