GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

希少性の高い大型テントに、男心をくすぐる要素が満載。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • 希少性の高い大型テントに、男心をくすぐる要素が満載。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • 楽しみのひとつである焚き火の道具。アナキャンのファイヤーウォールMはプレートを1枚追加して大型にし、アシモクラフツのアシサークルを搭載。
  • ミニマルワークスのインディアンハンガーには調理器具をハンギング。タークのフライパンや焚き火ツールには、アシモクラフツのアシグリップを付け火にかけた後でも持ちやすく。
  • 愛車であるメルセデスベンツのGクラスには、Gトレーディングオリジナルのカーサイドオーニングを取り付けた。その下にはヘリノックスのコットを配置して休憩スペースに。
  • 優れた耐久性や耐風性により、あらゆるアウトドアシーンで活躍するケロン3GT。計算された合理的なフォルムはまさに機能美。ブラックは珍しく、周囲の玄人キャンパーの視線を集める。
  • 堅牢なフレームで強靭に仕上げたブランドのフラッグシップ大型テントをブラックで仕上げた。通気性と遮光性を高め日本の蒸し暑い夏にも対応する仕様。薪ストーブ用の煙突穴も開いているので、オールシーズン使用可能だ。
  • ロボテックの内側がこちら。TheArthの黒しま二郎や黒しま美、トコジョウズさんを並べた。
  • ウィンディアンドレイニーがバリスティクスとコラボしたギアコンテナに細々とした小物を収納。横に配している大容量のジャクリのポータブル電源も欠かせないギアのうち。ゴールドのストーブは武井バーナーのパープルストーブ。

OWNER:まさやんさん、いわもとゆうとさん

ソリッドな黒い大型テントが2張り並んでいるかと思えば、ともに滅多にお目にかかれない希少品。左のトンネル型テントはヒルバーグのケロン3GTミルスペック。軍需品のため流通することが少なく、ミリタリーと希少性の高さに心をくすぐられる。ヒルバーグにはミルスペックのテントがいくつか存在するが、特にケロン3GTのミルスペックは珍しい。

そして隣のドーム型テントは、中国のブランド、フリースピリッツのロボテックで、今年4月にリリースされた日本リミテッドカラー。なんと15張り限定という貴重なもの。

日本特別仕様として4ヵ所の出入り口とベンチレーションにメッシュが搭載されているので、虫の侵入を防ぎ室内の温度と湿度を調整しやすい。内側にはUVカット加工が施され遮光性が高く、夏でも快適だ。収容人数は最大10人で、悠々と過ごせる。とにかく単純にブラックの大型テントがカッコよく、男心を刺激してくれる佇まいだ。

SPEC

  • テント:ヒルバーグ/ケロン 3GT ミルスペック、フリースピリッツ/ロボテックドーム
  • テーブル:TheArth/クロシマ次郎、ノラズ/サイドテーブル、h&o/チャブコ
  • イス:カーミットチェア、ペレグリンデザインファクトリー×バリスティクス/エクディシスベンチ
  • 焚き火台:アナキャン/ファイヤーウォール

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout