GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

キャンパーがいち目置く、洗練された人気ギアの数々。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • キャンパーがいち目置く、洗練された人気ギアの数々。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • サイトの主役であるMSRのボードルームとスクリーニングルームは、大人が余裕で立ち上がれる高さ。ボードルームにフロアシートを取り付ければテントとして使用でき、最大8人で寝られるほどの余裕を持つ。
  • 楽しみのひとつであるコーヒー器具も洒落たデザインのプロダクトをチョイス。ドリップポットはカリタのブロンズ製で、グラインダーは上海発のメーカータイムモアのもの。
  • 焚き火台は、今も品切れが続くサンゾクマウンテンのマウンコム。和柄でくり抜かれたデザインが焚き火をより美しく演出する。奥に見えるランタンはオプティマスの200P。レッドのトップにホワイトのシェードが付き、サイトのカラーと同調する。
  • 抜群の使いやすさで絶対の支持率を得るヘリノックスのタクティカルコットを愛用。風通しがいいスクリーニングルームでの昼寝は気持ちよさそう。
  • 台湾発のニューカマーhxoデザインのモジュラーテーブルシステム。バーナーが取り付けできるパーツを接続すれば、2つのテーブルを連結できる。
  • バイヤーオブメインのペノブスコットグライダーチェアはホリデーインザマウンテンとのコラボした座面。ニヤリとしてしまうカートゥーンが描かれている。横に配したオットマンもホリデーインザマウンテンで、上のランタンはプリムスのエクスカイザー。
  • タープはMSRのビスタウイング。こちらも2010年に販売終了となった廃盤品で、現在も高い人気を誇るレア物。美しい張り線に加え、落ち着いたベージュとアクセントカラーのレッドが、サイトをオシャレに彩ってくれる。
  • スケートボードスツールを作れるバリスティクスのSBSキットに、ロックフィールドイクイップメントの天板を搭載。ウォータージャグなどを置くにはちょうどいい高さの台が完成。
  • ミニマルワークスのインディアンハンガーMに、和歌山のショップ『ブラント』が製作した天板をドッキングしてテーブルに。ポールも追加してランタンを掛けている。ちょうどいい高さなのでコーヒーテーブルとして活用。
  • カーミットチェアはピノワークスのレザーに張り替え、オールドマウンテンのヒジラクを装着。

OWNER:Kennyxyさん

ドンと鎮座する、存在感抜群の巨大なシェルターが周囲に目立つ。この圧倒される佇まいは、MSRのボードルームとスクリーニングルームを組み合わせたもので、2008年を最後に販売が終了。今なお人気が高く入手困難だ。所有者であるKennyxyさんは、状態がいいものを海外から通販から購入したとのこと。この日の人数では贅沢すぎるほど広い室内は快適でゆったりと過ごしている様子。

テントとタープもMSRで統一し、ブランドカラーであるレッドがいい塩梅のアクセントになっている。ほかにも、こだわりのギアがずらり。ガレージブランドを中心に集めたラインナップはスタイリッシュな印象だ。手に入りにくい希少なものや、廃盤になっているものなど、キャンパー垂涎の品々も注目を。

そして、海外の新鋭ブランドもいち早く取り入れていることからも、感度の高さをうかがい知れる。次にキャンプ場で会った時は、どんな新しいギアが追加されているか楽しみ。

SPEC

  • テント:MSR/ツインピークス
  • タープ:MSR/ボードルーム+スクリーニングルーム
  • テーブル:ソマビト/フラミンゴターンテーブル、hxoデザイン/モジュラーテーブルシステム
  • イス:カーミットチェア、バイヤーオブメイン/ペノブスコットグライダーチェア
  • 焚き火台:サンゾクマウンテン/マウンコル

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout