GO OUT CAMP vol.16

2021年4月23日〜25日までの期間、ふもとっぱらで開催されたGO OUT CAMP vol.16。新型コロナの影響でおよそ1年ぶりの開催となった今回は、感染拡大防止のため、人数を制限して行われた。参加者たちはマスク着用、テントサイトはソーシャルディスタンスを意識して配される形となったが、それでも会場は盛況。例年よりものんびりとした空気感で、ライブや買い物をまったり楽しむ様子が見受けられた。

傑作キャンピングカーの、色を主軸にコーデ。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)

  • 傑作キャンピングカーの、色を主軸にコーデ。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • 焚き火台は人気のガレージブランド、アシモクラフツのタキビノアシに、風防のアシサークルを装着。使い込んで味わい深い色みに育っている。クイックキャンプのリフレクター、焚火陣幕焔は風を遮るだけでなく、アイアンフレームがハンガーとしても使える秀逸品。
  • 傑作キャンピングカーの、色を主軸にコーデ。(GO OUT CAMP vol.16@2021.4)
  • 3方位を囲んでプライバシーを守っているサイトは、手前にリビングスペース、奥にキッチンスペースをレイアウト。中央に据えているテーブルはD.I.Y.したもので、ウッドの表情がクルマとタープの色味とうまく調和している。
  • ネイチャートーンズのキッチンカウンターテーブルとニュートラルアウトドアのキッチンカウンターで調理コーナーを構成。使いやすく拡張できるその2点を組み合わせたことによって、料理の作業効率をアップさせた。
  • 冷たい風を遮断し、プライベート空間を作るテンマクデザインの陣幕ワイド。撥水加工が施されたタフな素材が心強い。
  • ソルワークスやバリスティクス×ハーフトラックプロダクツのデザイン性が高いランプシェードでタープ内を照らす。
  • 生活感がにじむゴミ箱やティッシュは、バリスティクスのアイテムでスタイリッシュに目隠ししている。ネイチャートーンズのキッチンカウンターテーブルに装着し使いやすい位置にセット。

OWNER:瀬戸大輔さん、琴音さん、美音ちゃん、渉夢くん

テントは張らず、キャンピングカーを寝室に選んだ瀬戸ファミリー。移動から休息までをともにする相棒は、『ヨコハマモーターセールス』による国産キャンピングカーの草分け的存在であり傑作との呼び声が高い、いすゞのロデオで生産終了から25年以上経った今でも根強い人気を誇っている。広々とした空間をフルフラットにすれば家族4人で寝られ、ギアの積載量も申し分なし。

そんな愛車にタトンカのタープとテンマクデザインの陣幕ワイドを組み合わせ、周りの目が気にならないプライベート空間を確保したサイトを構築。幕とクルマは絶妙に色合いがマッチし、サンドカラーのナチュラルで柔らかい雰囲気が統一感を演出する。

細部に目を向けてみると、リアルツリーカモ柄の小物アイテムが多く見受けられ、ポイントに赤の差し色が効いたコーディネートに洒落っ気を漂わす。人気ガレージブランドから自作まで、ネームバリューにとらわれないセレクトにも注目。

SPEC

  • タープ:タトンカ/1TC
  • 陣幕:テンマクデザイン/陣幕ワイド
  • テーブル:自作
  • イス:ヘリノックス/タクティカルチェア、コールマン×ビームス/ファンチェアダブル
  • 焚き火台:アシモクラフツ/タキビノアシ、アシサークル
  • ランタン:ゴールゼロ/ライトハウスマイクロフラッシュ

その他のGO OUT CAMP vol.16

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout